ユアインの新しい韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」実在の歴史上の人物 イバンウォン(李芳遠)の若かりし頃をえがく


151003yooahin-rokuryu


ユアインが出演する

 韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」


は、歴史ドラマだ。

高麗末、李成桂(イソンゲ)、李芳遠(イバンウォン) チョンドジョンなど、実在した歴史上の人物と、

 韓国ドラマ「根の深い木 뿌리 깊은 나무」

に登場した仮想の人物、ムヒュル、イバンジ、プニなど、

「六龍」

と呼ばれる6人の人物が、新しい国・朝鮮を建国するという歴史ドラマだ。

ユアインが、この「六龍が飛ぶ」で演じるのは、イバンウォンの若い頃。


韓国の歴史ドラマで、イバンウォンは何度も演じられているが、若い頃を演じるのは、ユアインがはじめてだ。


「六龍が飛ぶ」は、時代的には、前作の韓国ドラマ「根の深い木」以前の時代だ。


だから、「根の深い木」を見た人には、また新しいおもしろさがあるだろう。


韓国ドラマ「根の深い木」は、世宗大王を中心とした、ハングル文字の誕生を、謎解きの要素を取り入れて、とてもおもしろく描いたドラマだ。


20話で、韓国ドラマとしては、それほど長くないシリーズだったが、とても人気があった。


今回ユアインが出演する韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」は、50話という、本格的な歴史ドラマだ。

演技派のキムミョンミンが を演じるなど、骨太のドラマになることはまちがいない。


脚本も前回の韓国ドラマ「根の深い木」のコンビだ。




韓国ドラマ ブログランキングへ


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ