おすすめ韓国ドラマ「貴婦人」のおもしろさ「相続者たち」「上流社会」を思い出すよくある財閥ドラマだけど、なぜか惹かれる魅力的な登場人物たち




 

151023kifujin


韓国ドラマ「貴婦人」

思えば、このドラマとよく似た設定の韓国ドラマは多い。

韓国ドラマ「相続者たち」

 韓国ドラマ「上流社会」

 韓国ドラマ「青い鳥の家」

など。

このドラマに出てくる俳優たちは、「相続者たち」のイミンホほどカッコよくはない。

だが、設定としては同じだ。

 

  •  財閥と庶民
  •  親どうしは遠い関係
  •  子どもどうしは、親友またはとても近い関係
 

そこに、お互いの好きな人どうしがからみ合い、複雑になる。

この韓国ドラマ「貴婦人」は、そんな中でも、かなり内容がストレートだ。

 

特に、財閥夫人であり、社長であるチャンミヒは、ものごとをとてもはっきりと伝える。

 

一人娘とつきあっている、自分が社長をつとめるデパートの社員であるヒョンウソンに対しても、無情に宣告する。

 

警告しても、別れないとみてとると、カネを渡して会社を辞めさせようとする。

住み込みの家政婦が、困って、お金を貸してほしい、と頼んできても冷たくつっぱねる。

とにかく、ドライだ。

チャンミヒは、自分と格の合わない人間は、人間として扱わない。

だが、それなのに、見ていて、それほど、いや味な感じがしないのはなぜだろう。

 

逆に、いい人ぶって、人を信用させ、後でおとしいれる、そんなところがないからだろうか。

 

韓国ドラマ「青い鳥の家」には、そんな人物が登場する)。

社長にクビを言い渡されたヒョンウソンは、交際していた社長の娘に別れを告げる。

そのようすを、ソジヘはぐうぜん見てしまう。

 

相続者たちでは、イミンホの父親は、パクシネを「社会的配慮者枠」で、自身の経営する高校に入学させる。

だが、そういう経路で入学することで、パクシネが得たのは屈辱だけだった。

たとえ、そこにイミンホの愛があったとしても、だ。

 

だから、韓国ドラマ「相続者たち」は、青春ドラマでありながら、どこかすっきりしないものを残したのだ。

同じようなテーマを扱っても、登場人物の魅力や、脚本家の腕によって、まったく違うドラマが展開するのが、韓国ドラマのおもしろさだ。

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

キャッシュパスポート

どろあわわシリーズ


【ブライトニングフォーミュラ】





韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ