おすすめ 韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」シンセギョンの演技と 「ファジョン(華政)」イヨニの演技を見て思うこと 似ている二人の女優の大きな違いは?


151202shinsyegyung

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」

いよいよ大人になった主人公たちが集結する。

なかでも、六龍の6人の中で、

   紅一点

が、シンセギョン演じるプニだ。


シンセギョンはやはり演技がうまい。


シンセギョンとよく似ている韓国女優に、

  イヨニ

がいる。

イヨニは、最近まで、

韓国ドラマ「ファジョン(華政)」

に出演していた。

イヨニは、韓国ドラマ「エデンの東」で、ソンスンホンの相手役でも出演していたが、演技力に関してはきびしい評価を受けている。

実際、韓国ドラマ「ファジョン(華政)」でも、その演技力はそれほど進化していない。

150921hwajeong-cheongmeon-otona

芸達者な俳優たちの中にまじると、よけいにその「演技力」が目立ってしまう。

他の俳優が迫真の演技を繰り広げるなかで、一人だけ浮いてしまうのだ。


その点、韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」は、主演のキムミョンミンユアインをはじめとして、演技派ぞろいなので、安心して見ることができる。

シンセギョンも、強い意志をもった女性を演じている。

また、占い師として登場した、イバンジ(ピョンヨハン)の初恋の人である ヨニが、韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」の中でどのような役割を演じていくのかも楽しみだ。

このヨニを演じるチョンユミは、


韓国ドラマ「千日の約束」(スエ・キムレウォンキムヘスクイミスク


で、キムレウォンをただひたすら愛する、純真な女性を演じていて印象的だった。


【送料無料】 千日の約束 DVD-BOX1 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

とても美しい女優だ。

シンセギョンが可憐な美しさだとしたら、チョンユミは、高貴な美しさだ。

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」は、サンボン・チョンドジョンを演じるキムミョンミンが、また舞台に登場し、さまざまな戦略をしかけていく。

キムミョンミンは、まず手はじめに、かつての盟友であり、現在は権力欲にみちた人物に成り下がったチョンノミン(ホンインバン)に交渉をもちかけるのだ。

いよいよ歴史ドラマとして、今後の展開にかなり期待が高まる。






韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ