韓国ドラマ「ファジョン (華政)」チョンミョン役のイヨニ登場 のめり込めないその演技力 と「イソンミン」の退場で前半の迫力が失速 新たな展開はあるか


150928hwajeong-leeyunhee

韓国ドラマ「ファジョン (華政)」

歴史ドラマ。チャスンウォンが、王・クァンヘ(光海)君を演じる。

かつて、王に仕えることを誓った臣下のイドクヒョン(イソンミン)は、王に失望し、背を向け、「ファジョン(華政)」の舞台から去る。

韓国ドラマ「ファジョン(華政)」前半の迫力をささえた立役者だ。


代わって、最初、子役だった俳優たちが、大人になって登場。


チョンミョン役は、イヨ二だ。


イヨ二は、演技力は今いちだ。

だから、だんだんちょっと、感情移入がむずかしくなってきた。


チャスンウォンは、いい味を出しているのに、イヨ二はあまりにも表情にバリエーションがない。

そう、シンプルなのだ。

モデルにしたらよさそうな顔だ。


以前、韓国ドラマ「エデンの東」の時も、演技力を指摘されていた。

その時の問題点が、あまり改善されていないようだ。

その後、演技はうまくなった、と言われているが、やはり何かが足りない。


深みがない。

男装なのに、男装に見えない。

どう見ても女性だ。

顔がかわいらし過ぎるのか。


韓国ドラマ「風の絵師」に出ていたムングニョンも男装だったけど、リアリティがあった。




150928moongoonyung


その役でムングニョンは、21歳の若さで、最優秀演技大賞を受賞している。


今のイヨニに比べると、いちばん初めに出てきた、子役の方がずっと表情に抑揚があって、うまかった。


主役の演技が今いち、というのはつらい。

ストーリー的には、韓国ドラマ「善徳女王」と少しかぶる。


王の娘が幾多の試練をへて、女王になる、という話だ。

チョンミョンも、今は男装で、火薬を扱う部門で働いているが、いつか、自分の身分を明らかにするのだろう。


イヨ二はかわいいが、人形みたいなかわいさなのだ。


母親役のシンウンジョンのような、微妙な表情の演技をもっと見せてほしい。

また、もう一人今いちなのは、チョンミョンを支えるホンジュウォンの父親役のオムヒョソプだ。

150928hwajeong - コピー


この人は、以前のドラマ「ビッグマン」でもそうだったが、大きい声を出すときに、ただ声を張り上げるだけなのだ。

怒りの表現のしかたが、一本調子で、見ていて疲れてくる。


チャスンウォンは、その点、王の声を徹底してつくりこんでいる。

表情も多彩だ。

イヨ二が主役のチョンミョン役にキャスティングされたのは、大抜擢だったと思う。

そのチャンスを、しっかりと自分のものにしてほしいものだ。


【2020年版】韓国行き航空券と飛行機 おすすめの購入法 【格安で今すぐ行く】

【2020年版】韓国旅行 安い時期に行く方法 「その選び方は間違ってます!」【時間とお金を節約するポイント】

【2020年版】韓国 ソウル 現地払い 格安で ホテル・ゲストハウスを予約する方法





ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ