おすすめ 韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第5話 シンセギョン(プニ)とユアイン(イバンウォン) 「何か」をすることが生きること その確信にみちたまなざしが美しい




151202shinsyegyung


韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第5話


シンセギョンが登場する。


シンセギョンは、このドラマの前作である

 韓国ドラマ「根の深い木」


でも、世宗大王に仕えて、ハングルの誕生にかかわり、重要な役割をする人物として出演していた。



母を失い、兄(ピョンヨハン)もいなくなって、頼る人のいない中でたくましく生きてきたプニ(シンセギョン)。



プニは、キムミョンミンに再会し、土地を取り戻すために、官に訴えようと思っていると伝える。



【送料無料】 根の深い木-世宗大王の誓い-<ノーカット完全版>第二章 【DVD】


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」




だが、キムミョンミン(チョンドジョン)は反対する。


 かりに、官が公平に判断したとしても、結局土地を取り戻すことは不可能だ。


 それならば、自分たちの土地を見つけ、官に収穫されない、自分たちだけの土地を開墾する方がよい


とすすめる。



プニ(シンセギョン)の言葉がいい。


  生きている、というのは、何かをすることだ。


  何かをしないのなれば、生きている意味がない。


  なすすべもなく、ただ手をこまぬいてはいられない。



プニは農民の役なので、飾りがない。


それでも、限りなく美しい。


子役のプニと同じように、まっすぐで、正義感にみちた性格だ。


ユアイン(イバンウォン)は、剣づかいの名人ピョンヨハン(イバンジ)が 高麗のペクユンを斬る姿を目の当たりにして、自分が行動しなかったことを恥じる。



151019yooahin




江國香織の小説「東京タワー」原案!大人のラブストーリー。韓国ドラマ/密会 (DVD-BOX 2) 日本盤


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」



ユアインは、キムミョンミンの姿を見て、キムミョンミンこそが最強の男、だと尊敬していた。


だが、自分は、その人物に近づくために何もしていなかったころに気づくのだ。



ユアインのそばをいつも守るのが、腹心のミンソンウク(チョヨンギュ)だ。


ミンソンウクは、韓国ドラマ「ピノキオ」にも出演していた。



ユアインは、思ったらすぐに行動する。


その行動する姿を見て、ミンソンウクは、


 学のある人は、行動が遅いというけれど、うちのトリョンニム(ユアインのこと)は行動が早いから、学がないということだな


と苦笑いする。



韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」は、新しい国・朝鮮の建国物語だ。



ユアインは、ピョンヨハンが手紙を残した洞窟の中に


 新朝鮮


と書かれた地図があるのを見て、驚く。


そして、新しい国を建てる、という発想に心を躍らせるのだった。








韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ