韓国語の勉強 中心は読むことと声に出すこと② これを極めれば、ハングル検定1級にも余裕で合格できる!




150923Korean-tango-yomu


韓国語の勉強の中心は、

  1.  韓国語の文章を声に出して発音する
  2.  韓国語の文章をたくさん読む
だ。

韓国語の文章を声に出して発音する具体的な方法は、

  •  韓国ドラマの気に入ったセリフを部分リピートし
  •  その部分を数限りなく繰り返して聞き
  •  そのセリフの韓国語を声に出して発音してみる
ことだ。

最終的には、元の韓国ドラマの音声を聞かなくても、自然に自分の口から韓国語が出てくるようにまで持っていく。

2番目の韓国語の文章をたくさん読む、という場合に、いちばんいいのは、

 

新聞の韓国語をたくさん読むこと

だ。

ネットでも韓国語の新聞を見ることができるが、できれば、

紙の韓国語の新聞

を読むことをおすすめする。

 

紙の媒体をおすすめする理由は、

  1.  一覧性があること
  2.  韓国語の文章に集中できること
の2点のメリットがあるからだ。

 

韓国のサイトで新聞記事を読むと、他の宣伝や、情報に注意が分散してしまう。

日本語でもそうなのに、韓国語だとなおさらだ。

 

だから、気がそれる要素をできるだけ排除するためにも、紙の媒体で韓国語の文章を読むのがいい。

 

具体的には、韓国へ行った時に新聞を何部か買ってくる。

 



「おおきな木 (童話/惜しみなく与える木)」東方神起 韓国語 絵本



昔話で学ぶ韓国語中級リーディング [ 金京子 ]


極端にいえば、一部を買ってきて、それを一年間、スミからスミまで読むのもいい。

ただ、やはり、あきがくるので、ある程度、バリエーションがあった方がいい。

 

この時にポイントとしては、記事で区切るのではなく、時間で区切ることだ。

 

10分なら10分と決めて、キッチンタイマーをかけて、その時間は、

韓国語の新聞を読むことのみに集中する

ことがたいせつだ。

 

わからない単語が出てきても、気にしない。

韓国語の新聞を読むことで、ハングル検定1級の問題がカンタンに感じるはずだ。

 

もちろん、上記の勉強をする前に、

 

韓国語の入門書を1冊徹底的にマスター

 

していることが必須であることはいうまでもない。










韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ