ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」かわいい三つ子(テハン・ミングク・マンセ) の魅力は、その食欲! ミングクはいつも口を大きくあけてじっと待つ


151115sonilgook


「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の48時間。

ソンイルグクの三つ子は、今や韓国ではアイドルだ。

小さな三つ子たちの姿は、それだけでかわいいが、この三つ子たちは、他の子どもたちとまた違う魅力がある。


ソンイルグクの三つ子たちの魅力は何といっても

食欲がすごい

ところだ。

 

三つ子たちの食に対する情熱を見ていると、ほんとうに生きる力を感じる。

しかも、ちょっとやそっとの量では満足しない。

その食べる量は、もはや幼児の域をこえている。

 

また、食べ方もすごい。

三つ子たちは、たいていの食べ物をひと口で口に入れようとする

そんなワイルドさがいとおしい。

 

ちょっとくらい熱くても気にしないところ、もたくましくていい。

三つ子たちにとっては、熱さよりも、早く食べ物にありつくことの方が重要なのだ。

 


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 



そして、ほとんど好き嫌いがないのもいい。

 

特に、ミングクは、食べ物をもらえるとなると、

すぐに口を大きくあけて待機する

そのしぐさがまたかわいいのだ。

 

その口のあけかたは、もうこれ以上あけられないというほどビッグである。

 

歯医者で泣き叫んでいた時とは、完全に別人になっている。

 

ミングクの辞書には、

  効率

というものはない。

 

食べさせてくれるとわかったら、その瞬間から口を大きくあけてじっと待つ。

まるでヒヨコのように。

この素直さが、愛さずにいられない魅力なのだ。

 

それにしても、ソンイルグクはすごい

「スーパーマンが帰って来た」に登場するアッパ(父親)たちの中で、ソンイルグクが一番年上だ。

 

ソンイルグクは、1971年生まれ。44歳だ。

44歳で、三つ子と体で遊ぶというのは並大抵ではない。

おそらく、歴史ドラマの主役に出演するよりもずっとたいへんだと思う。

 

まず、三つ子たちは外に出ると、それぞれ三方に走り出すからだ。

2人は両手で手をつないでも、あとの一人はどこかへ行ってしまう。


そのために、いろんなグッズを駆使してソンイルグクは子育てにのぞむ。

そんなソンイルグクの工夫の数々を見るのもまた、「スーパーマンが帰って来た」の楽しみである。







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ