ソンイルグク「スーパーマンが帰って来た」三つ子の子育て奮戦記 バラエティで見せた素顔の魅力




151112songilgook2

「スーパーマンが帰って来た」

韓国で、有名なタレントや俳優たちが子育てに奮闘する姿を見せる番組だ。

この番組のコンセプトは、

お母さんがいない48時間を、父親だけで子育てに挑む

というもの。

 

ソンイルグクの男の子の三つ子以外にも、双子も登場する。

だが、ソンイルグク親子が登場すると、人気はソンイルグク親子に集中。

 

その理由として、他の双子の父親たちは、家族を巻き込んで時間をうめようとしたのに対し、ソンイルグクの場合は、文字通り、

アッパ(父親)一人で子どもたちと向き合ったから

である。

 

不思議なもので、子どもたちも、3人となると、ひとつの「社会」になるようだ。

二人だと1対1の関係になってしまうが、3人だと、2対1になったりして、そこにいろんな関係が生まれる。

そういうおもしろさも、三つ子の子育てにはある。

それと、もう一つが、子どもと体を使って遊ぼう、とするソンイルグクの姿勢だ。

 

部屋の中で、ソンイルグクが、三つ子たち(テハン・ミングク・マンセ)を一人ずつ、ヘリコプターをしてあげる。

ソンイルグクに手をつながれて、グルグル空中を回る時の、三つ子たちの幸せな表情は、天使のようにかわいい。

子どもたちと遊んで、疲れて倒れ込むソンイルグク。

151115sonilgook

そこに、またかぶさってくる三つ子たち。

ソンイルグクは、とっさに顔をかばう。(そこは、さすがに俳優だ。顔が命だから 笑)

普段着のソンイルグクも、体をきたえているのでカッコいい。

ハーフパンツからのぞくふくらはぎは、筋肉で引き締まっている。

ソンイルグクは、子育てで太った、とか言われるが、きたえているので、余計たくましく見える。

たのもしいアッパ(お父さん)の姿だ。

夜、子どもたちが寝静まった後、キッチンでミネラルウォーターを飲みながら、奥さんに電話するソンイルグク。

여보 사랑해.

愛してるよ

で終わる電話が、なんともほほえましく、憧れる。

 

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

キャッシュパスポート

どろあわわシリーズ


【ブライトニングフォーミュラ】





韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ