おすすめ 韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」 16話 ユアイン(イバンウォン)の作戦 その度胸に皆が驚く 海東甲族(ヘドンガプチョク)の会議に決死の覚悟でおもむく



151019yooahin



韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」 16話


ユアイン(イバンウォン)は、海東甲族(ヘドンガプチョク)の首領であるミンジェの娘・ミンダギョンとひそやかに結婚式を挙げる。

ホンインバンの婚姻を断ったからだ。

だが、コンスンヨン(タギョン)は、ユアインの父であるイソンゲが権力を掌握するまでは、子どもはつくらないと宣言する。



一方、イインギョムを退け、チェシジュンの地位にまで上りつめたチョンノミン(ホンインバン)は、新たな策略を企てる。


自身の家との婚姻を退け、イソンゲの家に娘を嫁がせた海東甲族に、自分の権力を見せつけようとするのだ。


ホンインバンは、700年の伝統をもち、だれも立ち向かおうとしなかった由緒ある海東甲族を、自分の傘下に置こうとたくらむ。


それは、イインギョムも挑戦しようとしなかったことだ。


ユアイン(チョンドジョン)は、チョンノミン(ホンインバン)の真の目的を見抜く。


チョンノミン(ホンインバン)は、海東甲族の一員を謀反の罪におとしいれる。


そして、海東甲族のミンジェに、

 「もしこれからも海東甲族の伝統を今まで通り維持させたいのなら、イソンゲを謀反の罪で告発するという嘆願書に一族全員の連名を集めよ」


と脅迫する。


海東甲族は、これまで一度もたたかいを経験することなく、栄華を誇って来た一族だった。


 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】根の深い木ー世宗大王の誓いー 第三章ー最終章ー [ノーカ…



今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」




ユアインは、この事態を一気にひっくり返す作戦を考える。


くしくも、キムミョンミン(チョンドジョン)も、ユアインと同じ考えをもっていた。



だが、ユアインがとった方法は、もっと決死のものだった。


海東甲族の一族が集まる場所に、兵士をしたがえて乗り込むユアイン



そこで、海東甲族一族の前で、一大勝負に出る。



【楽天ブックスならいつでも送料無料】善徳女王 DVD-BOX 8≪ノーカット完全版≫[4枚組] [ イ・…


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」




ここでのユアインの演技がすごい。


ユアインの決断と、その迫力に、海東甲族はもちろん、ユアインの部下たちも感嘆する。


ユアインの戦略は、いつも人の数歩先を行く。


そして、何より、ものすごく度胸がある。


この度胸というものは、上に立つ者には、絶対に必要なものだ。


韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」は、1話ごとにドラマを盛り上げて、見る者を楽しませてくれる。










韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ