韓国語の勉強 モチベーションが上がらない時にとるべき「3つ」の方法



150919Korean-study-kokishin

韓国語の勉強を始めて、最初はやる気マンマンで勉強をしていても、だんだんそのテンションが下がってくることがある。

このテンションが下がる、というのはどういう時に起こる現象なのだろうか。

まず、

やっていることの成果が感じられない

ということがあげられる。

韓国語を一生けんめいに勉強しているのに、ぜんぜん上達していると感じられないと、だんだんやる気がなくなってくる。

何回も練習した韓国語をネイティブの前で使ってみたら、

???

という対応をされた時など。

 

こういう時には、3つの解決法はある。

ひとつは、別の新たな客観的な評価の場を見つける、ということだ。

具体的にいうと、

  •   ハングル検定
  •   韓国語能力試験(TOPIK)
などの検定試験に挑戦することだ。

これほど客観的な評価はない。

この時に注意するのは、少しやれば合格するレベルの級に挑戦することだ。

これで、試験の日までは、強制的に勉強をするきっかけになるし、合格すれば、自信もつく。

もうひとつは、

150919bihada-suiminbusoku

ヤル気がなくても韓国語の勉強をやる

という方法だ。

そんなん、方法じゃない!と思った方、意外とこれが効くのだ。

つまり、やる気にかかわらず、毎日

たんたんと韓国語の勉強をやる

韓国ドラマを見るような感じ、といえば、わかってもらえるだろうか。

1日の中に、韓国語の勉強のスケジュールを入れておき、

とにかくその時間になったら韓国語の勉強を始める

たとえば、電車に乗ったら韓国語のテキストを開く、というのでもいい。

こうやって、スケジュールに入れることで、やる気にかかわらず、韓国語の勉強を続けることができる。

そして、理想的にいうと、

韓国語の勉強をすること自体

からモチベーションを感じられるようにするのがいちばんいい。

つまり、

韓国語の勉強⇒ドーパミンが出る⇒ますます韓国語の勉強をしたくなる⇒ドーパミンが出る

こんな

プラスの無限ループが続くのが理想的だ。

そうなると、いつどんな時でも韓国語の勉強を続けることができるので、韓国語の実力はどんどんアップしていく。

そうすると、周囲から一目置かれるような存在になるはずだ。

そうなったら、やる気にかかわらず、いつでも韓国語を勉強する人になっていることはまちがいない。

また、上の2つの方法をとる気にもなれないくらい、モチベーションが上がらない時は、

格安航空券を利用して韓国に行く

という手段がある。

これはショック療法のようなものだ。

韓国に行って、韓国の街を歩くことで、全身に、

韓国語を勉強したい!!

という気力がみちてくることまちがいなしだ。

韓国から日本に帰って来た時は、韓国語を勉強したくてたまらない自分を発見して驚くだろう。








U-NEXTで31日間無料見放題!









韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ