韓国語の単語をガンガン覚える方法 忘れることを気にするな!


160129pc


韓国語ができるというのは、どういう状態を言うのだろうか。

1 韓国語の基本的な単語を知っている

2 韓国語を正しい発音で読むことができる

3 ネイティブの韓国語の会話を聞き取ることができる

いろんな表現があるだろう。

 

発音のたいせつさは言うまでもないとして、

韓国語の単語力

が重要であるのは言うまでもない。

 

この韓国語の単語(ボキャブラリー)をどう増やすか?ということが、韓国語の実力を伸ばす上で重要なキーポイントになる。

まず、入門段階ならば、まず、

 

韓国語の入門のテキストに出てくる単語はすべて覚える

 

勢いで取り組むことだ。

 

延世大学韓国語学堂 延世韓国語1-1 Japanese Version(CD1枚付)


これは、韓国語のテキストに付属するCDをくり返し聞き、自分で発音する練習を積み重ねるしかない。

地道なトレーニングが必要だ。

 

とにかく、自分で何回も発音するのがいい。


できる韓国語初級単語集 [ 新大久保語学院 ]

 

書くことも、最初のうちは必要だが、書くという行為は、話すという行為に比べて数倍時間がかかる。

だから、いちばんいいのは、

韓国語をたくさん声に出す

ということだ。

 

気になる韓国語の単語に出会ったら、とにかく何度も発音してみる。


韓国語単語スピードマスター(漢字語3300) [ 鶴見ユミ ]



150919bihada-suiminbusoku


それも、すぐその場で発音することだ。

 

そして、忘れそうなら、小さなメモ帳を持ち歩いて、そこに韓国語の単語を大き目の文字でメモする。

メモ帳はノート式がいい。

 

ただのメモ用紙に書いた場合は、結局どこかへ行ってしまうからだ。

韓国語の単語を大きな文字で書くのは、大きく書いた方が一瞬で目に入るし、覚えやすいからだ。

 

だから、ふだん小さな字を書く人でも、この時は大きな字で書くことだ。

その時に、日付と、どこで知った韓国語かもついでにメモしておくと、記憶の手がかりになる。

 

韓国ドラマなら、そのドラマのタイトルと第○話までメモしておくと完ぺきだ。

そのメモがきっかけとなって、思い出せたりする。

 

出会った韓国語の単語の意味をすぐに調べる必要はない。

まずは、発音と文字になじむことだ。

この

 いったん寝かせておく

ということが、けっこう重要だったりする。

 

すぐに調べたくなるが、それを「寝かしておく」ことで、もっと記憶の深いところに入るからだ。

 

寝かすことで、無意識にその韓国語の単語を何回も思い出すことになる。

それがよけいに記憶を強化することにつながるのだ。

 

逆に、すぐに調べて書き込んでしまうと、それで覚えた気になって、実際にはすっかり忘れてしまう、ということになりがちだ。



延世大学韓国語学堂 延世韓国語1-1 Japanese Version(CD1枚付)


韓国語単語スピードマスター(漢字語3300) [ 鶴見ユミ ]









韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ