韓国語の勉強 気に入った表現はノートにメモしよう! 書き写す時は「分かち書き」に注意!


150918hangl-hancha

韓国語の勉強において、入門を終えたら取り組むべきなのは、

 

  1.  韓国語の文章を数多く声に出すこと
  2.  韓国語の文章(新聞などの固い文章)を時間を決めて読むこと
 

この2つだ。

 

また、韓国語の文章を読んでいて、気になった表現や、知らない単語が出て来たら、

ノートにメモする

のもいい。

 

その時、できれば、その韓国語の単語だけでなく、文章ごと書き写すのがいい。

書き写す時は、

わかち書き

に特に注意すること。

 

韓国語の入門の時は、きちんと守っていても、入門の時期を離れると、自己流で分かち書きを書いてしまうことがあるので要注意だ。

 

ハングル検定や韓国語能力試験(TOPIK)でも、作文で分かち書きのミスは、容赦なく減点されるので、日々の勉強で身につけるようにしよう。

 

韓国でも、分かち書きを正しく書けることは、教養を示すものでもあるので、ふだんから気にして注意することだ。

 

150923Korean-tango-kaku

韓国語の文章を読む時でも、どこで分かち書きされているのかをいつも観察することだ。

ノートにメモした韓国語は、すぐに調べる必要はない。

調べてもいいが、調べなければならない、と義務にするとノートに韓国語を書くのが負担になる。

とりあえず、備忘録的にメモするのだと考えて、書くことだ。

 

そして、何かのついでに、インターネットの辞書などを利用して調べるといい。

知らない韓国語の単語があっても、気にせずに、いつかわかる、と思って気長に構えることも、勉強が長続きする秘訣といえる。

韓国語の実力をつけるには、なにより、韓国語の勉強を楽しく続けることがいちばんの秘訣だ。

 

勉強が楽しければ、韓国語の勉強をどんどんするようになるし、そうすると、韓国語の力もどんどんつく、という、

プラスの循環

が生まれるのだ。











韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ