韓国語の小説を読むとネイティブに近づく!「集中」が何より大切 辞書は引かないこと


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2695142002">




150923Korean-tango-yomu



韓国語の基礎をマスターしたら、カンタンな小説に挑戦してみよう。

もっと上達してから、と考えていると、いつまでたっても始められないので、韓国語の基本のテキストをマスターしたら、とにかく韓国語の小説を読みはじめよう。

レベルとしては、小学校の低学年の教科書に掲載されているような内容がいい。

それをとにかく読む。

この時は、集中して読むことがたいせつだ。

日本語だとそれほど集中しなくても読めるが、韓国語の文章の場合は、やはりかなりの集中が必要だ。

時間は短くていい。

キッチンタイマーで時間を測る。

最初は5分か10分からはじめ、だんだん長くしていく。

5分と決めたら、タイマーが鳴ったところでやめる。

そして、読んだページ数と時間を手帳につける。

この

 

  •  時間を測る
  •  記録する
 

ということがとても大切だ。

時間を測ることで、集中力がつくし、読んだページ数と時間を記録することで、韓国語の勉強をした成果を客観的に把握することができる。

自分では勉強したつもりでも、それほどやっていないなあ、とか、逆にけっこうよく勉強しているなあ、とか、記録することでいろんなことが見えてくる。

そして、次に大切なのは、

読み方

だ。

 

わからない韓国語の単語が出て来ても、

 

絶対に辞書を引いてはいけない

 

前後の文章で推測する。

 

小学校低学年用の文章なら、さし絵がついていることが多いから、そのさし絵を見て推測するのもいい。

知らない韓国語の単語が出てくるたびに辞書を引いていると、本を読むスピードが、限りなく遅くなる弊害があるからだ。

そして、もうひとつ辞書を引いてはいけない理由は、

韓国語を韓国語のまま理解するため

である。

 

辞書をしょっちゅう引くと、韓国語を日本語に置き換えて考えるクセがついてしまう。

 

これをやっていると、いつまでたっても、

 

日本語的な韓国語

 

から脱出できない。

 

もし、調べるなら、メモ帳にその韓国語の単語をメモしておいて、あとからネットの韓国語辞書で調べることだ。

 

また、メモする時も、読みながらすると時間をとられるので、気になる韓国語が出てきたらポストイットを貼っておいて、

その日のノルマ(5分なり10分)が終わったあとでメモするようにすることもたいせつ。

 

書く、という行為は時間をたいへん消費するので、韓国語の勉強において、ムダな筆記はできるだけしないことをおすすめする。

もちろん、韓国語に慣れるために書く、という意味ではいいことではあるが。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="1078808006">







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ