韓国語をネイティブレベルに 「スーパーマンが帰って来た」 ソンイルグクの三つ子(テハン・ミングク・マンセ)に学ぶ 上達への道




151115sonilgook


「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちの子育てをえがく、韓国で大人気のバラエティ番組だ。

三つ子たちが初めて登場した、2014年の7月の時点では、まだ2才になったばかりで、韓国語もカタコトだった。


それが、番組が回を追うごとに、三つ子たちの韓国語の能力は上達している。

三つ子たちは、まず、単語から覚え始める

싫어 イヤ

맛이 있어 おいしい

맘마 주세요 ごはんください

など、自分の意思を伝える韓国語を覚えていく。

 

サラン(秋山成勲の娘)に会いに行く飛行機の中では、ミングクが、自分で座席の安全ベルトを締めて、

 

민국이가 안전 벨트 했어요

ミングクが安全ベルトをしたよ

 

と言っていた。

きちんと、韓国語を文章で話すことができるようになっている。

サランの家で、ラクダのフィギュアを見つけたマンセが、

공룡이다

恐竜だ

と言う。

 

サランのアッパ(お父さん)である秋山は、

 

공룡이 아니고 낙타야

恐竜じゃなくて、ラクダだよ

 

というが、マンセは、恐竜だと言い張る。

 

確かに、ラクダよりは、恐竜に近いように見えるフィギュアだった。

 

この三つ子たちが、韓国語を習得する順番にしたがうと、

 1 まず、韓国語で身近なモノの名前を覚える

次に、

2 韓国語でカンタンな文章を話す

 

という、この2つの過程をくり返していくことが、韓国語をネイティブレベルにする近道なのだと言える。

 

ソンイルグクが三つ子たちに本の読み聞かせをする時のように、ジェスチャーをまじえ、感情表現たっぷりに

 

 韓国語の子ども向けの絵本を読む

 

こともおすすめだ。



 

韓国語絵本 大きな木「おおきな木 (童話/惜しみなく与える木)」東方神起 韓国語 絵本



150924Korean-kodomonohon




 

韓国には、絵本で中に電子チップが入っていて、「韓国語で絵本を朗読してくれる本」もある。

 

(サランの家に、そんな韓国語の絵本があった)

 

そんな、韓国語の絵本を手に入れて、ネイティブの朗読を聞くのも、とてもいい勉強になると思う。

 

とにかく、三つ子たちのように、好奇心をもってすべてに接するようにすれば、日常生活すべてが韓国語の勉強の手段になるし、韓国語もどんどん上達するはずだ。









韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ