韓国映画「江南ブルース」の感想 兵役前のイミンホがキムレウォンと同い年に見える 15キロダイエットしたキムレウォンの「割れた腹筋」にびっくり!




151029kannam-kimraewon


韓国映画「江南ブルース」


映画の始まりはよかった。


キムレウォンとイミンホの友情物語。


二人は身よりがなく、お互い助け合って生きている。


1970年代の韓国・ソウル。


キムレウォンとイミンホが身を寄せ合って住んでいた家も再開発で撤去され、行くあてのない二人は


ある国会議員の演説会場を妨害する人員として借り出され、そこではぐれてしまう。


このシーンは、


 韓国ドラマ「砂時計」(チェミンス・パクサンウォン・コヒョンジョンイジョンジェ


も少しかぶったりするところだ。


国会議員とやくざが結びつき、首都を江南に広げる構想から、土地に関する利権争いが始まる。

このへんは、かつての日本のバブルを思わせる。


映画の宣伝のコピーを見たときは、、

 韓国ドラマ「ジャイアント」(イボムス・キムスヒョン)

のような内容を想像していたが、実際の映画のストーリーは全く違う。


これは、完全なやくざ映画だ。

乱闘シーンがやたらと多く、見ているとぐったりする。

気合いがいる映画だ。

ポップコーン片手に、気楽に見るわけに行かないので、そのへんは「覚悟」を決めてみることをおすすめする。


演じている俳優たちはもっとだろう。


時間も2時間15分と、かなり長い。


同じやくざ映画でいえば、


 韓国映画「新しき世界」(イジョンジェ・ファンジョンミン・チェミンシク)


の完成度には、遠く及ばない。


そこそこのレベルには仕上がっているが、惜しい感は否めない。

この韓国映画「江南ブルース」は、イミンホの初めての主演映画だという。



新しき世界 【DVD】


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」




イミンホは、自分を引き取ってくれた元やくざで、今は足を洗ってクリーニング店を経営しているギルスに恩義を感じている。

そして、ギルスの娘に対してほのかな恋心を抱いている。


そこが、この韓国映画「江南ブルース」で、唯一、ほっとするところだ。


そして、イミンホとキムレウォンの友情も。


イミンホは、政財界の情報を握って利権争いで稼ぐミンマダム(キムジス)と手を握り、のし上がっていく。


キムジスは、私の好きな女優だが、かなり久しぶりに見た。

かつて、

 韓国ドラマ「サラン~LOVE」(キムミスク・チャンドンゴン)

では、キムミスクが勤める出版社の後輩役を演じていた。


映画の最初にもイミンホの名前が、キムレウォオンより先に出てきたように、この韓国映画「江南ブルース」の主役は、まちがいなくイミンホだ。



キムレウォンは、イミンホより、実際には4歳年上だが、映画を見ると、二人の年齢は、同じぐらいか、イミンホの方が逆に年上に見える。


冒頭のキムレウォンの無邪気な表情がかわいかったりする。


キムレオンはこの映画のために、15キロものダイエットに成功したという。


1ヶ月で15キロ減量したのは、並大抵ではない。


しかも、映画に出てくる、キムレウォンの筋肉は、スポーツ選手のように腹筋が見事に8つに割れている。


減量だけでなく、筋トレもばっちりやっていたわけだ。


キムレウォンの役者魂はすごい。


イジョンジェ

 韓国映画「暗殺」(チョンジヒョン


のために、15キロ減量したという。



この役は、年をとってやつれていかなければならない役だったので、筋トレもできなかったという。


イジョンジェの場合、減量のために、脱毛がひどくて困ったらしい。


俳優というのは本当にたいへんな職業だと思う。



イミンホの憂いにみちた表情が美しい。

そこにいるだけで、絵になる男だ。













韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ