ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 かわいい 三つ子(テハン・ミングク・マンセ) が育つ環境は「シンプル」 アッパ(お父さん)のライフスタイルが反映したインテリア


151115sonilgook




「スーパーマンが帰って来た」


ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちの子育て。



ソンイルグクが住むマンションは、仁川(インチョン)市にある、ソンド(松島)ニュータウンにある。


超高級マンションだ。


周囲は、ショッピング街や、子どもが遊ぶ公園や広場がたくさんある。



ソンイルグクたちが住むマンションは高層階にあるので、眺めもすばらしい。




この「スーパーマンが帰って来た」には、他の芸能人父子も登場している。


だが、ソンイルグクと三つ子たちの家だけが、他とは違うのだ。


広さは、みな同じぐらいだろうが、ソンイルグクの家には、おもちゃがない。


キッチンと、それにつづくリビングには、シックな黒のテーブルとソファのみ。


その隣りのプレイルームには、床と壁の一部にクッションが貼られ、三つ子たちが走り回っても安全なようになっている。


そこにあるおもちゃは、子ども用の小さなすべり台と、サッカーゴールだけだ。


たいていの家にある、細々したおもちゃがまったくない。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 




遊ぶ時は、ソンイルグクが子どもたちを抱っこして飛行機遊びをする。


そして、ソファにすわって絵本の読み聞かせをする。

これも、読み聞かせ、というよりは、三つ子たちも一緒に参加して読むような、アクションたっぷりで表現力ゆたかな読み方だ。


もうひとつは、キッチンのカウンターにあるレコーダー。

ここで、童謡を流して、三つ子たちはいつも歌を歌ったり、踊ったりする。


おもちゃやテレビの力を借りずに、子育てをしているところはすごい。



もちろん、「スーパーマンが帰って来た」に出てくる部分は、ソンイルグクの家のごく一部だ。


実際は、この2倍以上の広さがあるという。



だが、ソンイルグクと三つ子たちがふだん生活するスペースにはほとんどモノがない

キッチンと他の部屋との間には、ゲートも設置されていて、子どもたちが入って来てケガをしないように工夫されている。


こういうインテリアのデザインは、ソンイルグクが考えたという。


ここには、ソンイルグクの価値観が反映しているはずだ。


おもちゃを与えず、絵本と音楽、体で遊ぶ、という理想の教育がほどこされているわけだ。


三つ子たちの無邪気なかわいさは、こんな恵まれた環境から生まれている。







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ