ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 かわいい 三つ子(テハン・ミングク・マンセ) 初めての海外は日本! 水族館で「돌고래 イルカ」に感動 すばらしい子育て


151115sonilgook



「スーパーマンが帰って来た」


ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちは、2才で初めての海外旅行に旅立つ。

目的地は日本だ。


「スーパーマンが帰って来た」 のレギュラーメンバーであるサラン(格闘家・秋山成勲の娘)に会いに来たのだ。

サランの家で一泊したあと、ソンイルグクと三つ子たちは、水族館へ。

あいにくの雨だったが、三つ子たちの好奇心は尽きない。

 

돌고래 イルカ

물개  オットセイ

 

を見て、目を丸くする三つ子たち。

三つ子たちを見ていてかわいいと思うのは、無邪気な好奇心にみちているところだ。

 

三つ子たちが、感受性が豊かで、好奇心にみちているのは、ソンイルグクの子育てによるところが大きいと思う。

ソンイルグクは、いつも、体を動かす遊びをして、三つ子たちと行動している。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 



家でも、表情ゆたかに韓国語の絵本を読んであげている。

ソンイルグクは、顔だけでなく、手ぶり、身振りをまじえての熱演だ。

 

ソンイルグク自身も、いつも、目が輝いている。さめたところがまったくないのだ。

三つ子たちの、小さな表情の変化も見逃さない。

 

そんな愛情にみちた環境で育っているので、三つ子たちはいつも元気いっぱいなのだろう。

東京で、移動の車の中で歌を歌う三つ子たち。

 

ミングクが英語の歌を歌うのを聞いて驚くソンイルグク。

ソンイルグクが言うには、たぶん保育園(어린이 집)で習った歌なのだろうという。

 

歌詞の発音はつたないが、耳で聞いた音を一生けんめいに歌う姿は本当にかわいい。

家でもつねに、子ども向けの童謡を聞いて踊っている三つ子たち。

 

小さな頃は、体を使った遊びがいちばんいいという。

 

ソンイルグクの家には、おもちゃがほとんどない

プレイルームに、子ども用のすべり台と、サッカーのゴールがあるだけだ。

 

もちろん、ソンイルグクと三つ子たちの環境は恵まれている

だが、恵まれた環境にあっても、ここまで、体を使って子育てをするのはたいへんなことだ。

そういう意味で、ソンイルグクの人気が上昇中なのは、当然なことだといえる。








韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ