ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の子育てで人気爆発! 韓国ドラマ「チャンヨンシル」主演を勝ち取る



151112songilgook2「スーパーマンが帰って来た」


ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の子育てをリアルにえがくバラエティだ。


この番組自体が始まったのが、2013年の11月。


ソンイルグクたちがメンバーとして参加したのは、2014年の7月だ。


ソンイルグクと三つ子が参加すると、たちまち、三つ子たちは韓国民のアイドルとなる


その理由について考えてみた。


まず、なんといっても、


 三つ子という希少性(めずらしさ)がある。


実は、レギュラーメンバーの中には、その前から

 双子

は出演していた。


ただ、ソンイルグクの三つ子より少し小さかった。


まだ、言葉も話せない年齢だ。


そこへ、三つ子(当時2才)の登場だ。


それまでの「スーパーマンが帰って来た」に出てくるアッパ(父親)たちは、子どもとじゃれ合うか、育児に疲れているイメージが強かった。


だが、ソンイルグクは違う。


常にハイテンションで、やる気マンマンなのだ。



もちろん、三つ子の子育てなのだから、たいへんに決まっている。


それでも、その大変さを積極的に受けとめて、少しでも新しいことを経験しよう、というポジティブさが好感が持てるのだ。



実際、20代の若者でも、3つ子の世話はたいへんだ。


ソンイルグクは、スポーツで体をきたえ、見た目も若々しいとはいえ、


 1971年生まれ。44才


である。


世間的にいえば、立派な中年だ。



そんなソンイルグクが、体当たりで、おもちゃで子どもをごまかすことなく、外に飛び出し、新しいことにチャレンジする。


子どもに対しても、一人ひとりに細やかに目を配る


子どもを叱る時は、他の兄弟のいないところへ連れて行って叱る。


それも、きちんと


 言葉(韓国語)で説明して叱る


ところがすばらしい。


三つ子たちが、言葉が発達しているのも、つねにソンイルグクが、きちんとした言葉で話しかけているからだ。


また、ソンイルグク自身が、外に出た時に、道行く人たちに


  안녕하세요 (アンニョンハセヨ)

こんにちは


とあいさつを欠かさない。


 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 




そして、三つ子たちにも常に、

 あいさつ

をさせる。


三つ子たちはとても素直(あいさつに関しては)なので、つねに、

 95度の深いおじぎ

ができる。


2才の子どもが、「地面に頭がつくほど深いおじぎ」をする姿は、それだけでかわいいものだ。



ソンイルグクは、三つ子の子育てを公開することで、父親として、人間として、夫として、

 頼りがいのある人格者

としてのイメージを視聴者に与えた。


つまり、好感度が、

 急激にアップ

したわけだ。


そんな「スーパーマンが帰って来た」での全力投球ぶりが、2016年1月から始まる、


 韓国ドラマ「チャンヨンシル(蒋英実)」

で主演を演じることにもつながったのだといえる。










韓国ドラマ ブログランキングへ



ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ