ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」かわいい三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちは、オンマ(お母さん)の誕生日プレゼントを作る ぶどうのジュースと「手形」の手紙



151115sonilgook

「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセは、オンマ(お母さん)の誕生日プレゼントを準備する。

父子は、ぶどう狩りに出かける。

 

ソンイルグクが、農園の主人からハサミをもらい、三つ子たち一人一人に、「どのぶどうがいい?」と聞きながら、一房ずつぶどうをカットしてカゴに入れて行く。

 

そして、三つ子たちが選んだぶどうを大きなたらいに入れ、三つ子たちが小さなかわいい足で踏んで、ぶどうのジュースを作る。

ミングクは、ジュースを作るよりも、つまみ食いをするのに忙しい(笑)。

 

子どもは、おいしい物はよくわかっている。

そして、家に帰ったソンイルグクと三つ子たち。

ソンイルグクは、リビングに大きな紙を広げ、手に絵の具をつけて手形を押す遊びを子どもたちに教える。

 

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

子どもたちは喜ぶかと思ったら、意外にもおそるおそるだ。

 

特に長男のテハンは大人しいので、ソンイルグクが、手に絵の具をつけて

  ペタンってするんだよ

と言っても泣きべそをかいている。

 

だが、床に敷いた紙にではなく、近くにあるソファに絵の具をつけた手で、「ぺたん」と手形を押すミングク。

 

ソファに絵の具がついた様子を見て、叫ぶソンイルグク。

アッパ(お父さん)の驚く顔を見てようやくうれしそうな顔になるミングクとテハン。

三つ子たちの「いたずら心」に火がついたのだ。

子どもというのは、やってはダメと言われると、もっとやってみたくなるものなのだ。

 

ソンイルグクが声を上げれば上げるほど、三つ子たちはうれしそうにキャッキャッと笑いだす。

 

妻へのメッセージカードに、三つ子たちの手形を押したあと、ソンイルグクはセルカ棒にスマホをつけて、三つ子たちとソファにすわる。

三つ子たちからオンマ(お母さん)へのバースデーメッセージの動画を撮影するのだ。

 

三つ子たちが作ったぶどうのジュースは大きなびんに入れ、シールを貼る。

この動画を撮ったのは意味があった。

 

妻が帰って来るのは、たぶん三つ子たちが眠りについた後だからだ。

(ソンイルグクの妻はワーキングマザーで、裁判官なのだ)

 

三つ子たちからのバースデーカートと、ぶどうのジュースを見てよろこぶオンマ。

ソンイルグクは、ぶどうのジュースの説明をしながら、

「たぶん、作っているところを見たら、飲む気がしないかもしれないけど…」

と笑っている。









韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ