おすすめ 韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第17話 ピョンヨハン(イバンジ)が、最高にカッコよく登場! 果たして結果はいかに? キルテミと対決するのか?


151201rokuryu-pyonyohan


韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第17話

悪いやつを追いつめたのに、なかなかつかまえることができない。

そんなもどかしさが続く。

かんたんに捕まる敵なら、ドラマとしてもおもしろくないのだが、あまりにも捕まらないのも、イライラする。

じれったい時間が続くのだ。

特に、

三韓第一の剣の名手・キルテミ

 

大量の兵士を結集しなければ捕まえることはできないほどの、人物だ。

 

パクヒョックォンの外見(青いアイシャドウと耳飾り)と、剣の達人というイメージがなかなか一致しないが、その落差がまたおもしろい。

 

テレビゲームでも、あるアイテムは他のアイテム100個と交換できるぐらいのパワーがある、とかいうのがある。

そんなゲームのようなおもしろさもある。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】根の深い木ー世宗大王の誓いー 第三章ー最終章ー [ノーカ…



今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」



 

4番目の龍である、イバンジが、後の三韓第一の剣の名人となるわけだから、いつかイバンジがキルテミを倒すのだろうか。

キルテミを追いつめた兵士たちも、キルテミにはヘタに手を出すことができない。

 

それくらい、すごい腕を持っているからだ。

圧倒的な兵力で取り囲まなければ、キルテミをつかまえることは不可能だ。

そこに現れた、

ピョンヨハン(イバンジ)

キルテミが一番きらいな、

「イインギョムのタッカリ」

という言葉を、平然と投げつける。

 

ピョンヨハンが、ついにキルテミを倒すことができるのか、息づまる中で第17話は終わる。

ただ、ひとつ疑問があるとすれば、この

따까리 (手下、子分の意味)

タッカリ

という言葉だ。

 

これは、日本語由来の言葉で、この言葉が韓国で使われるようになったのは、もっとずっとあとの時代のはずだ。

 

少なくとも高麗ではない。

 

そんな小さな矛盾は気にしないのが、歴史ドラマを楽しむコツかもしれないが。







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ