韓国語をマスターしよう!入門を終えたらすぐにやるべきこと 「韓国語の小説」を読む 子ども向けの絵本もおすすめ 「初心者こそ」小説を読もう


150924Korean-kodomonohon

韓国語の勉強を始め、入門のテキストをひと通りマスターしたら、次におすすめするのが、

韓国語の小説

を読むことだ。

できれば、子ども向けのものがいい。

小説というよりは、

物語

だ。

活字も大きく、ボキャブラリーもそれほど多くないものから始めよう。

 

いつか、もっと力をつけてから、と考えず、気軽に、とにかく始めてみよう。

 

なぜなら、小説を読むことは、感性を育てることになるからだ。

韓国語を学び、ある程度のあいさつなどはできるようになっても、次にぶつかる壁がある。

それは、

自分の感情を表現できない

ということだ。

 

言葉は、感情や思想を表現する手段だ。

 

それなのに、

あいさつ

しかできないのでは、フラストレーションがたまる。

 

小さな子どもでも、子どもなりにつたない表現で、

自分の感情を表現する

言葉は、コミュニケーションの手段だからだ。

 

一方的に、相手の言葉を聞いているだけでは疲れる。

 

自分の意思も、伝えることができるようになりたいものだ。

そのために、小説を読むのがおすすめなのだ。

 


150924Korean-kodomonohon-bookstore

小学校低学年用の小説でいい。

できるだけ短い物語を選ぶ。

 

同じ本を何回も繰り返し読む

 

のもおすすめだ。

 

韓国に行く機会があるなら、教保文庫(韓国の最大手の書店チェーン・ネットでも購入できる)で、子ども向けのさし絵の多い、本を数冊選んでみよう。

そして、その本を何度も読む。

教保文庫ホームページへ

 

くり返し読むうちに、だんだんわかってくるものだ。

この方法をとる目的は、

韓国語で書かれたナマの文章を読むことへの抵抗

をなくすことだ。

 

単語さえわかれば、読めるはずだ、という確信をもって、本に取り組もう。

また、韓国語の絵本の音読も、同時並行で進める。

 

150924Korean-kodomonohon2

ある意味、韓国語の新聞の記事を読むよりも、子ども向けの本の方が、韓国語学習者には高度なこともある。

 

だが、入門を終えたら、そんな本にとにかく手をのばしてみること。

いつまでも、解説書に頼らず、自力で、なんとか

韓国語の文章を読み取る

そんなトレーニングを始めることがたいせつだ。

 

このことが、ゆくゆく、韓国語の能力を飛躍的に向上させることにつながる。



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ