韓国語を即効でマスターする !「脳が認める勉強法」を実践しよう② 時間をかけるより、回数を増やす方が効果的


150927Korean-study



韓国語をマスターするためにはある程度の時間がかかる。

だが、その時間を短縮することは可能だ。

もちろん、毎日勉強することがたいせつ。

特に、聞く勉強にたくさんの時間を注ぐ。

ただ、ただひたすら聞くだけで話せるようにはならない。

自分で口に出して見ることがたいせつだ。

「脳が認める勉強法」

によると、

自分で自分にテストをする

ことが一番効果的、だという。

 

具体的にいうと、覚えているか、実際に声に出して言ってみることだ。


 

脳が認める勉強法 [ ベネディクト・キャリー ]

 

テキストを見ながらの音読だと、自分が本当にその韓国語を覚えているかわからない。

 

韓国ドラマで俳優がセリフを覚えて話すように、いったん頭に入れて、それを

何も見ないで言ってみる

これが効果的だ。

 

また、人に教えるのもいい。


150923Korean-tango-kaku


韓国語の時間を勉強している時は、2時半なら

두시 반

と、友だちと会っている時に使って見る。

 

テストをして、その後で答えを見ることで、より韓国語が頭に定着する。

単純なリピートよりは、メリハリをつけたリピートの方がいい

 

TOPIK(韓国語能力試験)やハングル検定の勉強なら、実際に過去問を解いてみるのがいい。

 

ただ単に暗記する勉強より、

実際に過去問を解く

方が、頭に残るのだ。

 

私の場合、ハングル検定1級を受ける時は、全過去問(手に入るすべての年度)

を「通しで、4回以上」解いた。

 

この時にとったのは、

まちがった問題だけを解くのではなく、

すべての問題を4回以上解いた

ことだ。

 

こういうやり方をとっても、結局、同じ問題を間違えている。

だが、まちがった問題をピンポイントで解くより、全体の中で解く方が頭に入りやすい。

しかも、レミニセンス効果をねらって、

ある程度、間隔をあけて解く方がいい。

 

試験までに1ヶ月あるなら、直前に集中してやるより、

  • 今日
  • 1日後
  • 3日後
  • 7日後
  • 試験の前日
と、短い時間で繰り返す方がずっと記憶に残るし、確かになる。

そして、試験の後もよく覚えているものだ。


 

脳が認める勉強法 [ ベネディクト・キャリー ]

 









韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ