韓国語の発音はまず「 漢字語」からマスターせよ!この法則を知れば韓国語のボキャブラリーが一気に倍増する!

150918hangl-hancha
韓国語は、基本の発音と文法さえ身につければ、とてもマスターしやすい言語だ。

日本語とよく似た表現も多いし、語順も同じなので、英語のように、一からすべて学ばなくていい。

つまり、

今ある日本語力→韓国語力

にダイレクトに結びつけることができる。

 

特に、日本語の漢字のボキャブラリーは、読み方を覚えれば、そのまま韓国語のボキャブラリーにスライドすることができる。

たとえば、

 無理

これは、ハングルでも

 무리(ムリ)

になる。

 

意味も、日本語とまったく同じだ。

韓国ドラマでもよく使われる。

こんな感じで。

 

 그것은 무립니다.

 それは無理です。

 

ね、カンタンでしょ?

「読みと意味までまったく同じ」、という漢字の例だ。

 

以前、知り合いの韓国人を案内している時、あるレストランに入った。

他の客が話す

「無理」

という言葉を聞いて、その韓国人は、

 「韓国語を話している」

とカン違いしたほど。

 

新聞やニュースによく出てくる漢字

政治、国会、議員、報道

など、韓国語の読みさえ覚えれば、意味は日本語とまったく同じなので、そのまま使える。

 

つまり、漢字を知っている分、新たに覚える単語の数は

  激減

する。

 

だから、ある程度基本のテキストをマスターしたら、この

 漢字語

をどんどん覚えていくことをおすすめする。

 

基本的に、韓国語の場合、

  ひとつの漢字=ひとつの読み

なので、一度覚えれば、どんどん応用がきく。

 

つまり、

  費用対効果

がとても高いのが、漢字の読みを覚えることなのだ。

 

まず、なじみのある漢字語から攻めよう。

 

新聞やニュースの方が、漢字の知識がある私たちにとっては、理解しやすい。

 

反対に、小説や詩は、漢字を覚えた後で学ぶのが、韓国語を学ぶ順番としてはベストだ。

 

そして、漢字語を覚える上で、もうひとつポイントがある。

たとえば,

 

政治 정치(チョンチ)

    政せ 最後が「い」→ㅇ(イウン)

 

事情 사정(サジョン)

 情 じょ 最後が「う」 →ㅇ(イウン)

 

安定 안정(アンジョン)

  安   あ 最後が「ん」→ㄴ(ニウン)

      定 て 最後が「い」→ㅇ(イウン)

 

精神 정신(チョンシン)

    精 せ 最後が「い」→ㅇ(イウン)

    神 し 最後が「ん」→ㄴ(ニウン)

となる。

 

心情 심정

 心 し 最後が「ん」→ㅁ(ミウン)

 

つまり、パッチムは、漢字の音読みで

 

 ① ん=ㄴ(ニウン)またはㅁ(ミウン)

 

 ② う or い=ㅇ(イウン)

 

と覚えておく。

 

パッチムで、いちばんとまどうのが、

 ㄴとㅇ

の区別だ。

 

発音で区別するのもむずかしい。

 

上にあげたポイントを押さえておくと、文字で書くときに、パッチムをまちがうことがない。


韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ