韓国ドラマ「密会」ユアイン 何ももたないから、すべてをかけてキムヒエを愛することができるイソンジェ 頬をつたう涙が美しい 若き「リヒテル」


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2695142002">


150920mikkai-yooahin

ユアインの魅力は、完ぺきでないところだ。


カッコイイのだが、一見、そうは見えない。

ごく普通の青年のようなさわやかさがある。

どこにでもいるような、そんな若者という感じだ。

そんなユアインの魅力が発揮されたのが、

 韓国ドラマ「密会」(キムヒエ)

だ。

母と二人、狭いアパートに住み、そんな中でピアノの腕を磨く。

部屋の壁には、インターネットからダウンロードされた楽譜がびっしり。

防音用に、たまごの緩衝材を壁にはりめぐらせてある。


ユアイン扮するイソンジェは、音楽を愛する若者だ。

ユアインは、キムヒエに言う。


ピアノを弾く、その瞬間、瞬間を味わい、楽しみたいと。


ピアノの才能以外に何ももたないイソンジェ。

そんな自分の非力を嘆くイソンジェ。


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="7125341606">


150904yuahin-piano-playing-mikkai


愛するオヘウォン(キムヒエ)のために、何かをできる力のない自分。

そして、愛する人のために泣ける男でもある。


自分をよく見せようとか、そういうところがいっさいなく、ただ、ピアノを愛し、キムヒエを愛する。



その姿は、まるで、ピアノに人生のすべてをかけた

 リヒテル

そのものだ。


韓国ドラマ「密会」は、今の世の中の光と影をえがいている。


キムヒエは上流階級を代表する存在であり、ユアインは底辺を生きる若者だ。


その二人が、ピアノを通して出会い、それがやがて愛に変わる。


何ももたなくても、人を愛することができる、ということを

 韓国ドラマ「密会」

は教えてくれる。


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="8602074807">



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ