「六龍が飛ぶ」の記事一覧(2 / 4ページ)

おすすめ 韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」 第14話 ユアインはシンセギョンに告白する 「生涯愛し続ける!」 結ばれない愛のかなしさ

韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」 第14話 ユアインの父チョンホジン(イソンゲ)は、政治の世界に入ることを決意。 だが、当初のキムミョンミン(チョンドジョン)の作戦である、キルテミやホンインバンとの連合勢力ではなく、独自勢力と・・・

おすすめ 韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第14話 ユアイン(イバンウォン)とシンセギョン(プニ) 悲しいラブストーリー 愛しあいながらも、結ばれることのない恋

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第14話 ユアイン(イバンウォン)とシンセギョン(プニ)は、愛し合っている。 だが、シンセギョンは、この恋がかなわぬ恋であることを知っている。 身分制社会において、貴族であるユアインとシンセギョン・・・

おすすめ 韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」 12話 イソンゲ(チョンホジン)が高麗の首都・開京(ケギョン)に登場 !イインギョムとの対決はすごい迫力

韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」 12話 イソンゲが遂に、高麗の首都・開京(ケギョン)にあらわれる。 イインギョムと対面するイソンゲ(李成桂)。 イソンゲは、弓を目の前に置いている。 イインギョムと、イソンゲ(チョンホジン)の・・・

おすすめ 韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」 第12話 ユアインの迫力に驚く !逆転に次ぐ逆転 ユアイン(イバンウォン)は生涯をともにする人物と出会う

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」 第12話 ユアイン(イバンウォン)は、イインギョムの策略により捕まる。 取り調べで、嘘の事実を告げ、ユアインの自白を誘導しようとする取り調べ官。 ここで2人が対峙(たいじ)する場面でのユアインの・・・

おすすめ 韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」ユアイン「兵役入隊」前 最後の作品 歴史ドラマを見る楽しみ その時代の歴史を勉強したくなる

韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」 は、SBSが開局25周年記念として企画した歴史ドラマだ。   歴史ドラマのおもしろさは、やはりその壮大さだ。 登場人物も多彩だし、俳優たちの衣装も、時代によって違うのも楽しい。 &n・・・

おすすめ 韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」ユアイン(イバンウォン)、キムミョンミン(チョンドジョン)、ピョンヨハン(イバンジ)もいいけど、歴史ドラマを支えるシブい脇役たち なぜか気になるイインギョムの貫禄

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」 SBSが、開局25周年記念のドラマとして企画した歴史ドラマだ。 脚本を書いているのは、  韓国ドラマ「善徳女王」(コヒョンジョン・イヨウォン・オムテウン・キムナムギル)  韓国ドラマ「根の深い木・・・

おすすめ 韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」第11話 ユアイン(イバンウォン)がつかまり危機に! イインギョムの逆襲に キムミョンミン(チョンドジョン)はある作戦に出る

韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」第11話 高麗を終わらせ、新しい国・朝鮮を建国するためには、イソンゲ(李成桂)の力がぜひとも必要と考えたキムミョンミン演じるチョンドジョン(鄭道伝)。 イソンゲに会い、「安辺策」を高麗の議会に送・・・

おすすめ 韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」第10話 ユアイン(イバンウォン)の独断を一喝するキムミョンミン(チョンドジョン)説得することの大切さを説く

韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」第10話   ユアイン演じるイバンウォン(李芳遠)は、朝鮮の初代王となるイソンゲ(李成桂)の5番目の息子だ。   イバンウォンは、後のテジョン(太宗)である。(ハングルを作っ・・・

おすすめ 韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第7話 キムミョンミン(サンボム・チョンドジョン)が、チョンホジン(イソンゲ)の前に現れる ユアインは父への複雑な思いをうち明ける

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」第7話 流刑の地から戻って来た、キムミョンミン演じる、サンボム・チョンドジョン(鄭道伝)。 キムミョンミンは、現在の腐敗しきった高麗を倒し、新しい国・朝鮮を建国することだけが、民を救う道だと考えて・・・

おすすめ 韓国ドラマ 「六龍が飛ぶ」シンセギョンの演技と 「ファジョン(華政)」イヨニの演技を見て思うこと 似ている二人の女優の大きな違いは?

韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」 いよいよ大人になった主人公たちが集結する。 なかでも、六龍の6人の中で、    紅一点 が、シンセギョン演じるプニだ。 シンセギョンはやはり演技がうまい。 シンセギョンとよく似ている韓国女優に、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ