ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」 かわいい三つ子(テハン・ミングク・マンセ)とサランがソウルで再会 みんなで作ったギョーザ(만두)の味は?


151115sonilgook


「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセのマンションをチュサラン親子が訪問する。

만두(マンドゥ)のスープを作るソンイルグク。

子どもたちもそれぞれギョーザを作る。

リビングにテーブルが用意され、床には新聞紙が敷かれる。

子どもたち4人がギョーザを作るのだから、きれいなリビングはたちまち

粉だらけ

である。

キッチンで一生けんめいスープを作るソンイルグの後ろ姿を見ると、髪の毛にまで小麦粉の粉が飛び散っている。

完成したスープに入ったギョーザはかたちもバラバラ。

びっくりするくらい大きなギョーザもある。

 돌김  トルギム

 岩海苔

が気に入ったミングク。

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

やはり、食事の場面になると、ミングクに注目が集まる

ごはんを食べる時にいちばん元気なのもミングクだ。

ミングクは、スープもそこそこに海苔に手を伸ばす。

私が目撃しただけでも、8枚は食べている。

それもひと口で一気に口に放り込むのがミングク流だ。

 

翌日の朝食。

前日の夕食がたいへんだったので、朝食はかんたんにシリアル。

デザートは、大きなイチゴが2つずつだ。

この時もミングクは、自分の握りこぶしぐらいの大きさのイチゴを一気に口に入れる。


食いしん坊のミングクには、「分けて少しずつかじる」という習慣はない。

子どもたちの朝食後、チュソンフン(秋山成勲)のために肉を焼くソンイルグク。

だが、それを三つ子たちが見逃すはずがない。


サランが食べにくると、すぐその後ミングクがチュソンフンのテーブルに近づく。

そして、肉を一切れ食べさせてもらっては、うれしそうにカニさん歩き。

次には、子どもようのイスも持参してサランのアッパのテーブルへ。

おいしいものは絶対逃さないミングクだ。


よく食べるからか、体重も3つ子の中でいちばんトップを走っているようだ。

とにかく、食事の場面になると、ミングクの顔は輝く。

そして、その笑顔が天使のように幸せそうで、かわいい。











韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ