おすすめ 韓国ドラマ「お願い、ママ」女優キムミスク その優雅で上品な母 庶民のアジュンマが似合うコドゥシム


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2695142002">




151118onegaiomama

韓国ドラマ「お願い、ママ」

今、韓国で大人気のホームドラマだ。

主演は、イサンウユジン

ユジンの家族がドラマの中心だ。

ユジンの母はコドゥシム

イサンウの母がキムミスク

 

キムミスクは、独特の雰囲気がある。

上品さと美しさだ。

母親役も、会社の代表役もとても似合う。

まず、声が上品だ。

 

一人息子のイサンウとの関係も、ベタベタした感じではない。

それが、キムミスクの雰囲気とよく合っている。

 

対照的に、コドゥシムは、庶民的な母親だ。

料理が上手で、それが高じておかず屋を開いている。

こういう演技は、コドゥシムのいちばん得意とするところだ。

 

韓国ドラマ「上流社会」で、財閥夫人を演じていたコドゥシムとはまったく違う。

この「上流社会」でも、末っ子のYUI(ユイ)にいつもつらく当たる母親役だった。

この時のコドゥシムも長男(イサンウ)だけを頼りにしていた。

今回もその設定はよく似ている。




 

【ブライトニングフォーミュラ】



だが、コドゥシムの庶民的な雰囲気と、夫役のキムガプスがあったかくて憎めない雰囲気なので、ほのぼのとした感じがある。

また、娘につらく当たる母親ではあるが、韓国ドラマ「王(ワン)家の家族たち」キムヘスクほどひどくはない。

 

この「王(ワン)家の家族たち」のキムヘスクは、本当にひどい。長女(オヒョンギョン)だけをえこひいきし、特に次女のイテランにはつらく当たる。

それがあまりにも露骨で、見ていて腹が立つほどだった。

 

だが、この韓国ドラマ「お願い、ママ」は、主人公のユジンも、きちんと自分の気持ちを表現するところが気持ちがいい。

そして、家の中に父と弟という援軍もいる。

だから、見ていて楽しいのだ。

 

まだ、ある程度、どこの家にもありそうな家族の葛藤と思える部分がある。

 

韓国ドラマ「王(ワン)家の家族たち」は極端すぎる。

悪役はとことん悪役だ。

悪役もやりすぎると、見ている方は疲れてくるものだ。

韓国ドラマ「お願い、ママ」が順調に視聴率を伸ばしている(20~30%)のも、そんなバランスのとれたストーリーと、俳優の演技にあるのだと思う。



style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="1078808006">









韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ