おすすめ 韓国ドラマ 「密会」の舞台を行く ユアイン(イソンジェ)のアパートと、キムヒエ(オヘウォン)の家 その格差を実感

150910mikkai


韓国ドラマ 「密会」

天才ピアニスト・イソンジェ(ユアイン)と、オヘウォン(キムヒエ)の恋。

二人の年の差は20才。


そのラブストーリーをリアリティあるものにしたのは、ユアインとキムヒエという二人の俳優の演技力とすばらしい脚本と演出だ。


2014年に放映されたこのドラマ。私はこの年は、ほぼ「密会」にオールインしていた。

つまり、何回も繰り返し見ていた。


まるで、かつての


 冬ソナファン


になったかのように。


だから、ドラマのセリフやセット、音楽など、すべてが記憶に刻みこまれている。


そして、ついにその日が来た。


2015年の12月。

クリスマス前に、少し長めの韓国旅行をした。


その目的のトップが何といっても、


 イソンジェ(ユアイン)とオヘウォン(キムヒエ)の家を訪れること


だった。


どうやって、家の場所がわかったのか、と思われるかもしれないが、この「密会」は韓国でも大ヒットしたドラマだ。

韓国内の「密会」マニアのサイトに、すべて載っているのだ。


ユアインのアパートは、1階が食堂だったが、これは、本当に今も営業されている。

私は入らなかったが、店の換気扇が回っていたのでまちがいない。

アパートの表の1階にはバイク屋が入っている。


150920mikkai-yooahin-kimheeae



前の道路はかなり広く、向かい側には巨大なモニュメントのある近代的な高層ビルがそびえている。


そう、韓国でよく見かける風景だ。


まるで70年代のような古い建物と、最新のビル群が、同じ空間に共存している。


イソンジェのアパートの階段を上ってみたが、ドラマで見る以上に狭く、けわしい。

この階段を、しかも雨の日に傘を差しながらのぼったオヘウォンの気持ちになってみる。。。


その後、一緒に行った友だち(現在、韓国で留学中)とオヘウォンの家を目指す。


住所を頼りに行ったところ、ドラマで見るオヘウォンの家に似たコンクリート造りの家が目に入る。


だが、この家ではない、と直感する。


「密会」の中のオヘウォンの家はここまで広くない。


江國香織の小説「東京タワー」原案!大人のラブストーリー。韓国ドラマ/密会 (DVD-BOX 2) 日本盤


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」


もう少し小ぶりだった。。。


そして、その家を通り過ぎて坂道を上っていく。


だが、どこまで行ってもオヘウォンの家は出てこない。


マンションが続くばかりだ。


どう考えても行き過ぎたようだと、来た道を引き返す。


位置的に、さっきの広大な邸宅が、オヘウォンの家にいちばん近い。

家の壁には、

 巨大なセコムのシール

が貼られている。


表札はない。


家の裏に回ってみる。

ここだ。。


「密会」の後半で、オヘウォンがイソンジェにバイクで送られて来たとこだ。

バイクから降りたキムヒエが階段を下りていった、あの階段がある!


この家にまちがいないと確信し、もう一度玄関とガレージの方に向かう。


実際に見たオヘウォンの家は、「密会」の画面で見るよりはるかに豪邸だった


そして、もうひとつ気づいたこと。


韓国では、金持ちの家には、

 表札がない

ということ。


元外交官の佐藤優が言っていたが、ロシアでは、政府の高官の住むマンションには番号しか書いていないという。

韓国ドラマでは、財閥の家に表札があるが、実際にはその付近のどの家にも表札はなかった。


オヘウォンの家に見とれていたその時、驚くことが起きたのだ。。。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ