おすすめ 韓国ドラマ「2度目の二十歳」 第7話 チェジウ(ハノラ)に複雑な感情を抱くイサンユンは、 安心と同時に怒りがこみあげる チェジウの快活な姿と美しい肌が魅力的



151113choijiwoo

韓国ドラマ「2度目の二十歳」 第7話


イサンユン(チャヒョンソク)は、チェジウ(ハノラ)の余命宣告が誤診であったことを知って喜ぶ。


だが、安心したのもつかの間。


次に起こって来たのは、チェジウ(ハノラ)への怒りだ。


イサンユンは、チェジウと夫のチェウニョン(キムウチョル)との間に離婚話があることは知らない。

ただ、チェウォニョンが、ウチョン大の理事長の娘であり、大学教授のキムイジンとつきあっていることは知っている。


そんな夫を、ただ信じているチェジウが、イサンユンにすれば歯がゆくてしかたがない。


だから、以前のあたたかい態度とは打って変わって、また冷たく接する。


チェジウに貸していた大学のロッカーも返せという。


チェジウも、そんなイサンユンの態度に腹を立て、ロッカーからテキストを取り出し、腹いせにイサンユンの前でロッカーの扉を蹴る。


イサンユンのロッカーは一番上の段だ。

そのロッカーに蹴りを入れることができるのは、チェジウの足が長いからだ。笑


こんな奔放なチェジウの演技を見るのは初めてのような気がする。


イサンユンとチェジウは、高校時代からの友だちという設定がそうさせるのだろう。


だが、快活なチェジウを見るのは気持ちがいい。



アラフォーを前に大学に入ったチェジウ。


まわりは、20代ばかりで完全に浮いている。


だが、ジーンズとスニーカー。


ロングヘアにバックバック。


チープな腕時計と、飾るものはなにもないのに、チェジウが美しいのは、透明感のある肌があるからだ。


「花よりおじいさん ギリシャ編」で、イソジンとガイドをつとめたときも、朝はきちんと紫外線を防ぐためにCCクリームを塗っていた。


SPF50+ PA++++ 1本6役!多機能CCクリーム


そんな普段の手入れがあるから、美しい肌を保っているのだろう。


20代の女子大生の中で、それでも、チェジウの存在が光っているのも、そんな普段の手入れがあるからなのだろう。



チェジウが、大学生たちの中で、彼らと対等に、交わろうとする真摯(しんし)な姿は、とても好感が持てる。



人生は、いつからでもまたスタートできるのだ、というのがこの韓国ドラマ「2度目の二十歳」のメッセージでもあるのだ。




SPF50+ PA++++ 1本6役!多機能CCクリーム








韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ