韓国語をマスターするために 絶対にやってはいけないたった「1つ」のこと




150927headphone

韓国語の勉強を始めたら、とにかく

絶対に耳を遊ばせてはいけない

人間が無意識に何かをしている時間というのは意外に長い。

朝起きて顔を洗ったり、朝食の準備をしたり、出かけるしたくをしている時、そんな無意識で過ごす時間を、テレビのニュースや、情報番組を聞いてムダにするのはもったいない。

では、どうするか?

とにかく、朝起きたら、韓国ドラマを流すのだ。

これは、見るのではなく、韓国語の音を聞くために、とにかく流す。

この時は、未知の韓国ドラマでなく、一度見たものにする。

未知のものを、無意識で流してしまうのは、もったいないからだ。


たとえば、昨日の夜見た韓国ドラマの回を流すのでもいいし、好きな俳優が出ている、お気に入りの韓国ドラマを流すのでもいい。

ひとつだけ注意するとすれば、あまり激しく言い争っているシーンや、カーチェイスなどは避けた方がいい。

朝からそんなシーンを見ると疲れるし、カーチェイスのシーンは機械音だけで、韓国語の聞き取りの勉強にならないからだ。

これを習慣にすると、一日の何気ない時間で、けっこうたくさんの韓国語の音を聞くことになる。

ちりも積もれば山となる、というが、韓国語の勉強において、この小さな積み重ねはとても大きい。

料理を作っている時などにも、韓国語を流しておくといい。

習慣になると、韓国語の音を聞かないとさびしくなるはずだ。

こうなったら、ハングル検定1級韓国語能力試験(TOPIK)6級も近い。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】スピード!ハングル検定5級合格 [ 金惠鎭 ]


【楽天ブックスならいつでも送料無料】【高額商品】【3倍】これ1冊で合格できる韓国語能力試験…


机に向かって、韓国語のテキストを広げるだけがハングルの勉強ではない

日常の生活の中に、韓国語をしみこませていくことが、ネイティブへの最短の道である。


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」


どろあわわシリーズ



この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ