韓国語 暗記と記憶の重要性 意味を理解して「リピート」する!


150918hangl-hancha



韓国語をマスターするためには、

暗記

は必要だろうか。

 

ただ、やみくもに暗記に走るのはすすめないが、知っている表現が多いほど、韓国語の実力がついている証拠であるのは事実だ。

 

ただ、単語をひたすら反復して覚えるのではなく、

意味も文法もよく理解した韓国語

をくり返し、聞き、読んで、それを自分のものにするのは、韓国語をマスターする上で、絶対に通らなければならない道だといえる。

 

もちろん、いちばんはめの入門段階においては、とにかくひたすら覚えることだ。

 

ただ、その覚え方として、

よく聞いた歌の歌詞が、自然に口から出てくる、というイメージが最良だといえる。

無理やり覚えるのではなく、覚えたつもりはないけど、なんとなく自然に口から出てくる、

というのが理想だ。


韓国語絵本 30冊セット 【MP3 CD付き】 / 韓国伝統童話



韓国語絵本 大きな木「おおきな木 (童話/惜しみなく与える木)」東方神起 韓国語 絵本




 

それは、野球選手が素振りをするようなものだ。

ふだんから何回も繰り返すことで、とっさの時にも口から出てくる。

 

とっさの時にも、スラスラ出てくるようになれば、本物といえる。

その段階にまでなれば、韓国語はもうマスターしたも同然だ。

 

そんな、口からすぐに出てくる韓国語が多いほど、ネイティブに近づいていく。

 

無理やり覚える、というのは、繰り返しが少ない段階で、覚えようとすることだ。

何回もリピートして、口にも耳にもなじんだ段階で発音する。

そして、またそれを何回も繰り返す。

 

それによって、ほんとうに自然な韓国語が口から出てくることになる。

少ない回数で覚えようとせず、発想を変えて、

 

覚えるまで繰り返す

 

と考えて取り組むのがおすすめだ。







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ