ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちが住むマンションはどこにある? 今、大人気の仁川(インチョン)市「ソンド( 松島)」ニュータウン


151115sonilgook

「スーパーマンが帰って来た」

俳優ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)の子育てをえがく48時間。

 

このバラエティ番組には、ソンイルグクと三つ子以外にもタレントたちがレギュラーとして登場している。

 

その中でも、ソンイルグクと三つ子たちが住むマンションは、デザイン自体がスタイリッシュだ。

 

マンションの外観と、部屋の構造もそうだが、何より周囲の環境がすばらしい。

子どもが遊ぶ広い空間が、まわりにたくさんあるのだ。

 

ソンイルグクと三つ子が住むマンションは、仁川(インチョン)市の「松島(ソンド)ニュータウン」のセントラルパークにある。

三つ子たちのマンションは、47階建ての最上階クラスだといわれ、価格にして、

 

 1億3千万円を超える

 

といわれる。

 

広さは、約240平方メートルだ。

 

以前、ソンイルグクが、三つ子たちの「手押し車」(三つ子たち三人を乗せるカート)を取りにマンションに戻ったことがあった。

マンションのすぐ近くなのに、けっこう時間がかかっていたのは、ソンイルグクのマンションの部屋が高層階にあったからなのだと納得。

三つ子たちのプレイルームやリビングからの昼間の景色も、夜景もすばらしくて見とれるほど。

 

この「スーパーマンが帰って来た」のおかげで、この辺のマンションは大人気になった。

 

放送が始まった頃は、まだ未入居世帯がかなりあったのが、放送とともにどんどん売れ、今ではほとんど売れているという。

 

ソンイルグクと三つ子たちが、買い物に行くスーパーマーケットや、飲食店も大人気だ。

151206sonilguk-apart

 

 

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

 

三つ子たちのファッションは、放映直後から話題になっている。

 

家のインテリアを見ると、その人のセンスがよくわかる、というが、ソンイルグクは細やかで、その上センスがいい。

だから、ソンイルグクのマンションは、家具が少なく、とてもスッキリしている。

 

子どもたちが走り回っても危なくないようになっているのだ。

 

また、三つ子たちをテーブル付の子ども用のイスにすわらせて食事をさせるのもいい。

テーブルまで運ぶのも待ちかねる三つ子たちにはぴったりだ。

 

また、テーブル付のイスなので、一度すわると、すぐに下りることはできないので安全だ。

とても合理的な考えだと思う。

 

三つ子たちが、食事のたびに、いろんなデザインの「スタイ(よだれかけ)」をつけるのだが、それもかわいい。

 

子どもにおもちゃを与えないのもいい。

細かいおもちゃがたくさんあると、取り合いになるし、また散らかるもとだからだ。

 

できるだけ危険な物を置かず、子どもと体を使ってあそぶ、というソンイルグクの教育方針がそこにあらわれている。






韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ