おすすめ 韓国ドラマ「お願い、ママ」第6話 ユジンの母コドゥシムは、代表のキムミスクに娘の無実を訴えたが・・・失意のユジンを見て驚くキムミスクの息子・イサンウ


151118onegaiomama

韓国ドラマ「お願い、ママ」第6話

会社のために、いつも一生けんめいで、仕事にも前向きに取り組んでいるユジン

 

母のコドゥシムは、そんなユジンが、思いもよらない疑惑に巻き込まれたことがかわいそうでならない。

そして、意を決して、娘のユジンが勤める会社の代表であるキムミスクに会いに行く。

 

ふだん、着慣れないよそ行きの服を着て、会社の受付にあらわれるコドゥシム。会社の人間と押し問答になり、上着のそでが破れてしまう。

そこにちょうど現れたキムミスク

 

この韓国ドラマ「お願い、ママ」の中で、コドゥシムとキムミスクが初めて出会うシーンだ。

 

社長室で向き合うコドゥシムとキムミスク。

キムミスクは、社員の非をわびる。

 

コドゥシムは、娘のユジンが、今回のプレゼンテーションのために準備した資料や、ノートを見せて、

代表のキムミスクに、娘がそんなことをするはずがない、と訴える。

 

娘のユジンは、会社にまで訪ねて来た母親のコドゥシムに腹を立てる。

そして、母コドゥシムの上着のそでが破れているのを見て、なんともいえない気分になる。

 

【ブライトニングフォーミュラ】

 

腹を立てるユジンにあやまるコドゥシム。

ユジンはユジンで、自分も情けなく、母親まで巻き込んでいることがつらいのだが、そんな気持ちを素直に表現することができない。

 

代表のキムミスクは、ユジンを呼び、

「(家の部屋を調べるなど)不当な要求は断らないとダメでしょう」

と注意する。

 

ユジンは、

「代表の指示だと思ったので。。。」

と答える。

 

キムミスクは、ユジンに対する信頼を取り戻したに見えた。

だが、そこにまた、ユジンのライバルである、本社の社員が入って来て、キムミスクに報告する。

 

「工場の事務所にあるユジンさんのコンピュータから、ライバル社とやりとりしたEメールが2通発見されました」

 

というのだ。

 

せっかく、信頼を回復しかけたのに、またそんな情報を聞いて、再びユジンに対する信頼が揺らぐキムミスク。

ユジンは、落胆して、本社の机にある自分の備品を箱にしまって、会社を出る。

(韓国ドラマで、よくあるシーンだ)。

 

 

雨が降り出したのに、傘も差さずに、泣きながら雨の中を歩くユジン。

そこに偶然、イサンウが車で通りかかる。

 

イサンウは、母のキムミスクと一緒に食事をするために、キムミスクの会社に行く途中だった。

イサンウは、ユジンを呼びとめて、車に乗せる。。。

ユジンのただならない様子に驚くイサンウ。




 


 




韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ