おすすめ 格安航空(LCC)で韓国に行く 今人気の チェジュ航空 と ジンエア(JIN AIR)に乗ってみた!


韓国にしょっちゅう行く、という人にとって、飛行機代を安くするというのは一番重要なこと。

LCC(格安航空)を利用するというのは今や常識といえる。

格安航空(LCC)に対する誤解

でも、私のまわりでも、
  • LCCってどうなの?
  • 安すぎて不安
  • やっぱり大韓航空(KAL)やアシアナが安心なんじゃない
と言う人が意外に多い。

でも、これは知らないことから来る誤解でしかない。

LCCは、大手の航空会社と違って、ムダな部分をカットして、料金を安く提供している。

パイロットは経験豊富だし、機体の整備など、安全をささえる部分は、大手の航空会社とまったく変わらないのだ。

ピーチアビエーションのデメリット

韓国に行く時に利用するLCCとしてはやはり

ピーチアビエーション

が有名。

機体もコンパクト。徹底的にムダを排除している。

デメリット1 手荷物が有料

手荷物を預けるのも有料。

デメリット2 重量オーバーにきわめて厳しい 機内持ち込みは2点・10キロまで

機内に持ち込む手荷物も2点まで。キャリーバッグは検査場の前で重量検査(10キロまで)される。

体重計みたいなのが置いてあって、少しでもオーバーすると無理。

実に厳しい。

実際、重量オーバーで半泣きになっている人を何度も見た。笑

デメリット3 機内が狭すぎて息苦しい

そしてピーチアビエーションの一番のデメリットは、

機内の座席が超狭い

ということ。

座席に座った時の圧迫感はハンパない。

ピーチで韓国に行ってきたあと、東京へ行くために新幹線に乗ったら、新幹線がまるで高級ホテルのように感じた。(もちろんエコノミーで)

ピーチアビエーションは、それぐらい無駄を徹底的に排除しているから安いのだ。

チェジュ航空 VSジンエア(JIN AIR)最近脚光を浴びる格安航空

でも、格安航空(LCC)はピーチの独壇場ではなくなってきた。

最近台頭しているのが、
  •  チェジュ航空 JEJU AIR
  •  ジンエア (JIN AIR)
この2つのLCC。

チェジュ航空は、韓国で初めてできたLCC航空。(2005年)

ジンエア(JIN AIR)は、2008年、チェジュ航空より後に設立された。

大韓航空(KAL)と同じ系列のグループ会社。

ジンエアの強みは、大韓航空から中型機を導入できるところだ。

最近、どんどん売上を伸ばし、チェジュ航空を抜いている。




ゆったりした機内


夏にソウルに行く時と、春にソウル(金浦空港)からチェジュ(済州)島に行く時にチェジュ航空を利用した。

チェジュに行く時に初めて乗ったのだが、機内はピーチよりずっと広くゆったりしている。

圧迫感もない。

キャビンアテンダント(スチュワーデス)の女性の肌が韓国女優のようにピカピカに光りまくっていたので見とれてしまう。笑

キャビンアテンダントのチーフ(らしき)男性が超イケメンでびっくり。韓流スターなみにカッコいいのにも感動した。



イケメンの上に親切なので、旅の気分はいやおうなしに盛り上がる。

スタッフどうしもとても仲が良さそうで、フランクな感じがいい。

チェジュエアのトレードカラーはオレンジだ。

チェジュ島の名物が
  • 귤 みかん
だからだろうか。

サービスはバッチリ

格安航空だといっても、サービスはバッチリ。

何よりうれしかったのが、搭乗時間に間に合わずに空港に着いた(行きも帰りも)のだが、キャンセル料を払って次の便のチケットを取り直すことができたこと。

窓口の対応もとてもよかった。

ただ、チケットによっては取り直しができないものがあるのかもしれないので、注意しよう。

チェジュ航空は、機内食がない(でも乗った時にお茶またはミネラルウォーターを配ってくれる)ぐらいで、KAL(大韓航空)やアシアナとほとんど変わらない。

行きは順調で時間通りだったのだが、帰りはソウルが雨で天候が悪く、気流の関係でなかなか着陸できず、金浦空港の上空でグルグル回って到着が遅れた。

気流に入ると飛行機の機体が、ソウル市内を走るバスのように激しく揺れ、かなりこわかった。

週末だったので、ソウルからチェジュに旅行に出かけている韓国人客がほとんど。

私のうしろの席にすわったアジョシは、到着が遅れたので、キレていた。

チェジュ航空を実際に利用して感じたこと



夏にソウルに行く時に利用した時は関西空港から仁川空港というルート。

チェジュ航空は安さで人気なので、関西空港のチェックインカウンターには長蛇の列ができていた。

チェジュ航空の場合、韓国の仁川空港には自動チェックイン機があるのだが、関西空港にはまだ設置されていない。

利用者が増えれば、そのうち、設置されると思う。

仁川空港でチェジュ航空の自動チェックイン機を利用してみた

帰りに仁川空港からチェジュ航空に乗るときには、自動チェックイン機を利用した。

だが、この自動チェックイン機が韓国のシステムと思えないくらい遅い。

どこかのタイミングで必ず固まる。

固まると焦ってしまうが、あきらめてはいけない。(←ココ重要!!)

じっと待っているとなぜか行ける。(ホント)

もしくは、一回目ダメでも、再度初めからチャレンジすること。

うしろの人がイライラしていても、気にしてはダメ。

自動チェックインでチケットをゲットしたら、次は

自動チェックイン後荷物を預けるカウンター

というのが別にあるのでそこに荷物を預ければOKだ。

15キロまでは無料で手荷物を預けられるので、お土産をいっぱい買っても安心。

ジンエア(JIN AIR)に乗った体験談



  • ジンエア JIN AIR
ジンエアは、釜山(金海空港)から関西空港に帰るときに利用。

とにかく安いジンエア プサン(釜山)→関西空港が6000円台

この時、チェジュエアだと9000円台の料金だったのが、ジンエアはなんと6000円台という超格安料金だった。

これはすべて「こみこみ」の値段。

利用するしかない。

案の定、チェジュエアのカウンターはすいていたが、ジンエアのカウンターは超満員。

皆、安いものはよく知っている。

利用しているのは、韓国人客がほとんどだった。

カジュアルな制服 なんとジーンズ

ジンエアの窓口の女性の服装も、下はジーンズとカジュアルだ。

キャビンアテンダントも同じくジーンズ。

まるでハワイの空港のようだ。

働く女性の側にとっては、大韓航空やアシアナ航空のような、ピチッとしたタイトなユニホームでパンプス、というスタイルより、こんな服装の方が絶対動きやすいはず。

JIN AIRに乗ってみるとわかるが、キャビンアテンダントは韓国人の女性で、とても親切。

チェジュエアと同じくお茶とミネラルウォーターのサービスもある。

もちろん機内食はなし。

実際、釜山から関西空港までの飛行時間は約1時間ぐらい。

トータルだと1時間半ぐらいかかる。

あと30分は、着陸準備にかかる時間と言っていいほど近い距離だ。

機内食を食べている時間もないくらいだと言える。

預けたキャリーを「待ち時間ほぼナシ」で受け取ることに成功!





ジンエアもチェジュエアと同じく15キロまでの手荷物を無料で預けることができる。

行きのチェジュエアの場合、仁川空港で預けたキャリーバックが出てくるまで30分はたっぷりかかった。

だから、帰り(プサン→関空)は手荷物を機内に持ち込んで乗るか迷った。

でもずっとキャリーを引っ張るのはわずらわしいので、最終的に預けることに。

飛行機が関西空港(第1ターミナル)に到着。

ただ、KALやアシアナと違って、飛行機を降りてから空港の建物まで少し歩かないといけない。

そこからは他の航空会社を利用した時と同じだ。

ここで驚くことが。

飛行機から荷物を受け取るところまで歩いてきて、

1分

で、私の手荷物が出て来た。

つまり、待ち時間ほぼゼロ。

預けて本当によかった。笑

プサン→関西空港行のジンエアは、韓国人客で満席だったにもかかわらずこのスピード感。

これまでソウルから帰るときに荷物を受け取ったことはあるが、こんなに早いのは初めて。

これは預けるに限る、と思った。

LCCならチェジュエアとジンエアがおすすめ

チェジュエアとジンエア。

どちらもサービス面ではほぼ変わりがない。

 

手荷物に関しては、
  1.  機内持ち込みの場合は10キロまで
  2.  預ける場合は、15キロまで無料
というところも同じだ。

 

機内も、ピーチと比べるとかなりゆったりしている。

大手のアシアナ航空も、最近はジャンボ機ではなくコンパクトな飛行機が増えている気がする。

そういう面でいえば、チケットの価格(飛行機代)で選ぶのが正解だと思う。

 

飛行機のチケット代を浮かした分、おいしいものをたくさん食べたり、ちょっとランクが上のホテルに泊まるのがおすすめだ。

 

ピーチアビエーションは、いろんな意味で制約が多いので、よほど安い時以外は、チェジュエアかジンエアを利用したいと思っている。

 

次のサイトはLCCのチケットを予約する時におすすめのサイトだ。

とても使いやすいし、24時間オンライン予約できるので、思いついたらとにかく飛行機のチケットだけでも予約しておこう。

ピーチアビエーションをはじめ、チェジュ航空、今人気のジンエアなどのLCCの予約なら

LCCのチケット予約にぴったりなのが、

海外航空券、格安航空券のオンライン予約サイト – フリ ーバード

海外格安航空券オンライン予約

また、次のサイトなら、LCCだけでなく、KALやアイアナなどの格安航空券も見つかる。

この格安航空券DeNAトラベルは、大韓航空とアシアナはもちろん、JALや済州(チェジュ)航空などのLCCも含めて検索できるのでとても便利だ。

また、サイトのデザインがかわいくて、サクサク検索できるのも楽しい。

韓国に旅行に行く、というだけでハイになっているテンションがいやおうなしに盛り上がるので、大好きなサイトだ。

格安航空券DeNAトラベル


 

韓国旅行に行く飛行機の日程が決まったら、ついでに韓国旅行に必須の

 

携帯用の韓国専用ポケットwifiルーター

 

も、でサクッと予約しておけば安心だ。

 

「早割り」もあるので、飛行機を予約したらすぐにしておくことをおすすめ。

韓国専用ポケットwifiルーターなら韓国旅行を100%楽しめる!!

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ