韓国語の達人になる方法 「才能」か「努力」か 「 くり返し(リピート)」の回数で決まる韓国語の実力


150918hangl-hancha





語学を驚くほどの短期間でマスターする人がいる。

だが、普通は、たいていの場合、ある一定の時間はかかるものだ。

語学のセンスのある人もいる。

ただ、センスがあっても、地道な勉強は絶対に必要だ。

語学の才能がある、というのはどういう人をいうのだろうか。

  • 聞いた韓国語をすぐにまねして言える人、
  • 覚えた韓国語から類推して、自分が伝えたい言葉をすぐに言える人
 

だろうか。

確かに、才能はある。

 

だが、ほとんどの場合、韓国語に関しては、

繰り返し(リピート)の回数=実力

だと思っている。

 

繰り返す回数が多いほど、発音もうまくなる。

 

韓国語の発音が苦手、とか、韓国語のパッチムがむずかしいという人は、たいてい、

韓国語をリピートする回数が圧倒的に足りない


【楽天ブックスならいつでも送料無料】そこまで知ってる!?ネイティブも驚く韓国語表現300 [ …

韓国語絵本 大きな木「おおきな木 (童話/惜しみなく与える木)」東方神起 韓国語 絵本



このリピートには2種類ある。

 

韓国語を聞くリピート



韓国語を発音するリピート

である。

 

どちらも、同じくらいたいせつだ。

 

聞くのもたいせつだが、聞くだけではダメで、声に出すことがたいせつになる。

 

「スーパーマンが帰って来た」の中で、ソンイルグク三つ子たちが、韓国語を話す過程を見ていると、とても勉強になる。

 

最初は韓国語の単語を覚え、それを少しずつ文章にして伝えることができるようになる。

人に対して話す前に、韓国語でひとり言を言う。

大人の話す言葉や、アニメの主人公たちのセリフをまねして遊ぶ、など、

インプット

の後に、

アウトプット

も必ずしているのだ。

 

まじめな人ほど、インプットのみで、アウトプットがおろそかになっている。

 

まちがいをおそれず、だいたんに

 韓国語をアウトプット

することだ。

 

アウトプットすることによって、何らかのフィードバックを得ることができる。

それが、また、次のアウトプットをいっそうレベルアップされたものにするのだ。









韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ