韓国ドラマ 「応答せよ 1988」 世代を超えて楽しめるドラマ 親子で見ると、会話がはずむかも




151213outouseyo1988




韓国ドラマ「応答せよ 1988」


このドラマを見て、

 韓国映画「サニー 永遠の仲間たち 原題 써니」(ユホジョン)


を思い出した。


韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」は、90年代に青春時代を送った女性たちが、再会する物語だ。


皆がナイキとアディダスの靴をはいていたり、そんなその当時の流行が登場する。


【送料無料】 サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション 【DVD】


 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 


この時代は、韓国では、制服自由化の時代だったらしい。そんな時代背景も影響しているようだ。

(今はまた制服に戻っている)


流行というのは不思議なもので、過ぎてみると、とてもこっけいに見えたりする。


流行のメイクやファッションもそうだ。


懐かしさとトキメキがいっぱい!ソ・イングク、チョン・ウンジ「応答せよ1997」DVD-BOX1 (日本…


【楽天ブックスならいつでも送料無料】【輸入盤】応答せよ1994 (+dvd)(Box) [ TV Soundtrack ]


 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 




韓国ドラマ「応答せよ 1988」は、そんな、80年代末の、ソウルオリンピックを迎えて、社会が大きく変動する韓国の姿をえがいている。


ただ、そこにえがかれるのは、韓国ドラマによく登場するような立身出世の物語ではない。


ほんとうに、ふつうの庶民たちの物語だ。


修学旅行にわくわくして、ダンスを披露するために、皆で必死に練習する姿や、


主人公のトクソニが、カメラを電車に忘れて泣き叫ぶ姿は、今の時代から見れば滑稽でしかない。


だが、その時代を生きた人びとにとっては、懐かしく、せつなく、切実な思い出だ。


ソンドンイルとイイルファ夫婦は、娘のトクソニの成績が全校でビリから2番目であることにショックを受けて、学校からの帰り、夫婦でごはんを食べに行く。


妻のイイルファは、隣りのテーブルの夫婦が、仲睦まじく料理を相手に食べさせている姿に見とれている。


だが、目の前にすわっている夫は、ごはんを食べ終えて、つまようじがないので、割りばしで歯をほじり、歯の表面をこすったり、歯の間につまっている食べ物を息で吹いて外に出そうとしている。

そんな夫の姿に幻滅するイイルファ。


この夫役のソンドンイルの演技がうますぎて、爆笑してしまう。


たぶん、このドラマは、韓国の40代の親と、その子どもが見れば、親子で会話がはずむドラマなのだと思う。

若い世代にとっては、昔を知ることができるドラマでもある。


歴史ドラマはあっても、80年代の、しかも庶民の日常をえがいたドラマというのはないからだ。


ソンイルグクが、三つ子たちに、韓国民俗村で、韓国ドラマ「海神(ヘシン)」に出演した時の、昔の自分の姿を見せて語っていたように。


ただ、三つ子たちは、まだ幼なすぎるので、あと10年以上はたたないと、理解できないのかもしれないが。







韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ