韓国ドラマになくてはならないシブい脇役 キムグァンギュ「ピノキオ」「ファジョン(華政)」「君の声が聞こえる」・バラエティ「三食ごはん」


151011kimgwangyu

韓国ドラマを見ていると、いろんな俳優が出てくる。

注目されるのは、主役や準主役だが、それ以外にも、重要な俳優たちがいる。それは、

 脇役

だ。


脇役に注目してみると、けっこう、いろんな韓国ドラマに続けて出演しているのがわかる。


たとえば、

名前を聞いてもわからないだろうが、顔を見たら皆が知っている俳優だ。


 の場合、2014年の末から

  韓国ドラマ「ピノキオ」

に出演し、続いて、2015年5月から

 韓国ドラマ「ファジョン(華政)」


に、ファギトガム(火器都監)いう、火薬をつくる作業所で働く役で登場。


その間に、イソジン

  「三食ごはん 삼시세끼」

にもちょこちょこ出ている。

151011hwajeoun-kimgwangyu


「頭髪?」のせいで(笑)、老けて見えるが、1967年生まれの48歳。独身だ。


バラエティの

  「나 혼자 살아요 一人暮らし」

にも、時々出演している。


この人がドラマに登場すると、とてもユーモラスで、場がなごむ。

イジョンソクが出演していた韓国ドラマ「君の声が聞こえる」(イボヨン)では、裁判官の役だった。


また、同じくイジョンソクの韓国ドラマ「ピノキオ」でも、放送局の報道部のパクシネの上司であり、パクシネの母親の部下役として、存在感のある演技をしていた。

この人のファッションもなかなか良かった。

真っ赤なセーターとか、けっこうファッションで楽しませてくれた。


主役だけでなく、脇役たちのファッションも、韓国ドラマでは重要な要素だ。

いつも同じ服ではつまらない。


どうでもいいことのようだが、場所がちょっと変わったり、俳優が身に着けているファッションや、バックなど、そういうものが変わるだけで、新鮮で楽しいものだ。


韓国ドラマにおける脇役は、ドラマにとって、重要な存在であると同時に、スパイスのような存在でもある。


脇役を中心に、定点観測していくと、はやりの韓国ドラマのトレンドがわかったりする。








韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ