おすすめの韓国ドラマ「ファジョン(華政)」本格的な歴史ドラマ「心にしみる名言」の連続 第6回のセリフの一部を韓国語と一緒に紹介します


150921hwajeong-cheongmeon-otona

韓国ドラマ「ファジョン(華政)」(チャスンウォン)

は、本格的な歴史ドラマだ。

 

現在、韓国で放送中で、大好評のドラマだ。

チャスンウォンが、王・クァンへ(光海)をしぶく演じている。

韓国ドラマ「ファジョン」のすばらしさは、そのセリフだ。

昨日見た第6回で、預言者が、子どもの頃のイドクヒョン(李徳馨)に告げる言葉がある。

あまりにもいいセリフだったので、そのセリフを聞き取って書いてみた。

イドクヒョンは、朝鮮中期の文人であり、政治家。

この韓国ドラマ「ファジョン」で、重要な役だ。

 

이 땅에 서럽고 긴 겨울이 찾아올지도 모르겠구나.

この地に、つらく、長い冬が訪れるかも知れない。

 


빛나던 의지는 쓰러지고 가여운 목숨들이 꽃잎처럼 떨어져

輝いていた意思は倒れ、はかない命は花のように散って

 

거짓과 불의가 승리하는 날들이 이어질 게다.

嘘と不義が勝利する日々が続くであろう

 

너는 그 세상을 살아가게 될 것이고

おまえは、そのような世を生きていくことになるだろう

 

하지만 얘야,그렇다 해도 잊지 말거라.

しかし、だからといって、忘れてはならぬ

 

야망과 불의에 승리를 내 준 것은 인간이나

野望と不義に勝利を与えたのは人間だが、

 

다시 그것을 되찾을 수 있는 것도 그들이니

また、それを取り戻すことができるのも、彼らであり、

 

하늘의 뜻보다 강한 것은 사람의 의지라는 걸.

天の志(こころざし)よりも強いものは、人の意志であることを

 


150921hwajeong-cheongmeon-kodomo

まるで、今の時代を言いあらわしているかのような、名言だ。

歴史ドラマがおもしろいのは、それが、今の時代を照らす鏡であるからだ。

 

韓国で、歴史ドラマに人気があるのも、そういう視点でドラマを見る人が多いからだろう。

 

チョンミョンが、時代が求める指導者となるべき人物であり、今は命をねらわれている。

チョンミョンは、クァンヘの父である先代の王・ソンジョ(宣祖)と王妃との間に生まれた長子であり、王であるクァンヘ(光海)の腹違いの妹にあたる。

 

そのチョンミョンが、追っ手から身を隠し、来るべき時代にそなえて、力をつける、という展開だ。

 

 

韓国ドラマで、子どもが出てくる時の定番ともいえる。

 

幼いころに、自分のたいせつな人たちから別れて、未知の世界で生きぬき、

 

立派な大人に成長して、大志を成し遂げる、という。

 

子役たちが、成長して、どんなりりしい若者になっていくのか、これからの展開が楽しみだ。

 

 

 

 

 



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ