韓流スターも塩顔? 変わる「イケメン」の基準「チャンドンゴン」の時代は終わった! キムスヒョン・イジョンソクの「少女マンガ」系がモテる理由

150916leemingho-ikemen
イケメンの基準も、時代によって移り変わっていく。

韓流スターの中でも、イケメンと呼ばれる基準がどんどん変わって行っている。

たとえば、

イミンホ

イミンホの顔は、チャンドンゴン系の、正統派のイケメンだ。

彫りが深く端正な顔。肌の色も日に灼けていて、たくましい。

ワイルドな男前だ。

最近結婚したペヨンジュンの顔は、やや華奢な貴公子タイプの上品な顔だ。

 

150916leejoongi-kikoushi

イ・ジュンギが、ペヨンジュンの系統に属する顔といえる。

 

キムスヒョンとイジョンソクになると、かなり現代的な顔だ。

肌の色は、女優なみに白いし、顔も小さく、手足が長い。

こういう顔は、歴史ドラマには向かない顔だ。

歴史ドラマでは、顔に陰影があって、ある程度

顔が大きい

方が存在感があるように見えるからだ。

キムスヒョンや、イジョンソクだと、線が細く見えてしまう。

また、キムスヒョン、イジョンソクになると、顔のアップより、カメラを引いて、全身を映した方が、断然カッコいい。

150916kimsoohyun-modern

韓国ドラマを見ていても、背が高く、すらっとしている俳優は、顔のアップより、全身を見せる時の方が、引き立つ。

つまり、最近は、顔のつくりだけでなく、スタイルや全体の雰囲気で

イケメン

を判断するようになっているのだ。

 

だから、キムスヒョンやイジョンソクに対して、

本当にイケメンなの?

と疑問に思う人も出てくるわけだ。

こういう風に、イケメンの基準が変わって行っているのも、時代が求めるものが変わって行っているからだろう。

つまり、女性が男性に求めるものが、

vvvたくましさ→やさしさ

に変わって行っているのだ。

だから、ワイルドで男らしい俳優より、色が白くて、肌もツルツル、甘いマスク、そして女性にやさしい

というのが、女性が求める理想の男性像になっている。

韓国で、歴史ドラマ以外の韓国ドラマを見るのは、圧倒的に女性が多いから、

韓国ドラマは女性のし好を重視してつくられている。

最近、年下の男性と、年上の女性の恋愛ものが多いのも、そういう風潮を反映している。

「君の声が聞こえる」(イボヨン・イジョンソク)
「星から来たあなた」(チョンジヒョン・キムスヒョン)
「密会」(キムヒエ・ユアイン

キムヒエとユアインに至っては、

  20歳差

だ。

 

昔ならありえないことだ。

反対に、歴史ドラマでは、視聴者は圧倒的に男性が多いので、俳優がイケメンであることはあまり考慮されない。

それよりは、

貫禄があること

 演技力

が重視される。

そして、歴史ドラマには圧倒的に

男性の俳優の出演が多い

ので、女優の登場は少なくなる。

 

韓国ドラマ「チャングムの誓い」(イヨンエ)は、例外的に女優が多く出演する韓国ドラマだった。

歴史ドラマは、男性の視聴者が多く見るので、そこに出演する韓国女優は、

正統派の美人女優

であることが多い。

ハン・ヒョジュが人気を呼んだのもわかるだろう。




ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ