韓国語を「超」短期でマスターする! 「独学」か「スクール」か それとも「語学留学」か

150919Korean-study-kokishin

韓国語をマスターしたい。

いや、そこまで行かなくても、韓国ドラマのセリフが聞き取れたり、韓国に旅行した時に、

얼마에요?

いくらですか?

以外にも韓国語を話したいと思っているあなた。

韓国語は独学でマスターできる!

 

テキストで独学

150906hangle-study-kurikaeshi

韓国語を勉強するには、レッスンに通うのがいいのだろうか。

基本的には、韓国語を学ぶには

独学でもじゅうぶん行ける

今は、特にすぐれたテキストがたくさんそろっている。

実際に、韓国で使用されているリアルな表現をテキストで学ぶことができる。

できる韓国語初級(1)新装版 [ 新大久保語学院 ]


 

NHKのラジオ講座で独学


150927headphone


NHKのラジオ講座や、テレビの講座もある。

独学でも、その気になれば、いくらでも韓国語の力をつけることができる。

ただ、いちばんたいせつなのは、初学者にとって、

まったく韓国語を知らない状態

から

ある程度韓国語がわかる状態

にまで持っていくこと。

この段階にさえ進めば、あとはどんどん勉強して行けばいい。

語学留学は、TOPIK6級に合格したあとで

韓国への留学はその後で考えるのが正解だと思う。

適切な指導を入門時に受けることのたいせつさ


この初心者の段階で、適切な指導を受けると、あとあとの韓国語の伸びに大きな差がつく。

韓国語の基本的な発音や、表現を適切に矯正してもらうことで、

まちがった韓国語のクセ

がつくことを早めに修正することができるからだ。

そのためには、

よいお手本をたくさん聞いて

それをひたすらマネする

という地道な作業をコツコツ続けること。

そして、それを客観的に評価してもらえると、もっと伸びる。

そこでスクールの登場となる。

実際、私が思うには、基礎は独学でテキストとCDで学ぶのがいちばん効果的だと思う。

でも、そこで1人で解決できない部分に直面した時、すぐれた講師の指導を受ければ、独学の何倍も早く、韓国語力をつけることができる。

スクール VS 個人レッスン  その「メリット」と「デメリット」

 

スクールのメリットとデメリット


150923Korean-tango-kaku

スクールに通うのは、自分にとって、韓国語に習慣的にふれる、という意味でとてもいいことだ。

スクールの場合は、だいたい週一回で、月5000円から1万円というところだ。

スクールの場合は、同じ韓国語の勉強仲間ができる、というメリットがある。

勉強仲間どうしで、気が合ったら、一緒に韓国旅行に行ったり、世界が広がること間違いなしだ。

ただ、そのスクールが人数が多く、一人一人に細かい指導ができない場合は、1時間レッスンを受けても、実際に指導を受ける時間は10分のみ、ということもありえる。

また、仕事や他の事情で、授業に参加できないことが続くと、自然と足が遠ざかってしまう、ということもある。

 

個人レッスンのメリットとデメリット


150915-Korean-study-daily

カフェなどで、個人レッスンを受けるというやり方もある。

この場合、レッスン料は、だいたい1時間で3000円~4000円。

週一回で、月に4回として、1ヶ月 12000円から1万6000円くらいになる。

カフェの場合は、レッスン費用と、飲み物代も受講生が負担することになるので、だいたいこれくらいの金額になるはずだ。

経済的に余裕があり、固定したレッスン時間をとるのはむずかしい、という人にはおすすめだ。

 

勉強仲間がいないので、自分でつねにモチベーションを維持して、韓国語を勉強する意欲のある人には向いている。

また、時間をある程度、自分の都合で調節できるというところもメリットだ。

 

講師との相性もあるが、基本的には自分をどこまで律することができるか、というところがポイントになる。

 

 

 

第3の選択 「通信講座」 意外とリーズナブルでおすすめ


150927Korean-study

そういう意味で、通信講座を取ることも、韓国語をマスターする上で、いい刺激になるのでおすすめだ。

 

そういう意味で、スカイプでのレッスンや、通信での添削指導を受けるというのは、忙しい人にとってとても効果的なやり方だ。

また、忙しい人にとっては、都合のいい時間に勉強できるというのが最大のメリットだ。

 

スカイプ指導がついていたり、韓国語を学ぶ受講生どうしのSNSがあったりして、そこで、お互いにやりとりして、刺激をえることができる。

 

この場合、講師がネイティブであるよりも、

「日本語ネイティブ」の人で韓国語をマスターした人

に教わる方が、かゆいところに手が届くようなていねいな指導を受けることができる可能性が高い。

ネイティブが当たり前に発音できる

 

パッチム

 



 

濃音・激音

 

について、発音のポイントを教えてもらえるからだ。

 

1日15分であなたの韓国語をぐんぐん伸ばす!~通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開~【元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法・VIP集中コース】




留学の前にまず日本で韓国語の基礎を!


とにかく、韓国語能力試験6級に合格するまでの実力は、日本で身につけることができる。

それは私自身が実証ずみだ。(韓国ドラマのリスニングできたえたので、リスニングは満点だった)

 

韓国に語学留学するととなると、わずか3ヶ月でも、授業料や滞在費、食費など、

30万円~40万円

はかかる。

 

初学者の段階で韓国に語学留学しても、習得できることは少ない。

理想的なのは、

 

1 韓国語能力検定6級合格の力を日本でまず身につけ、

そのあとで、

2  韓国に語学留学をすれば、

 

ほんとうにネイティブレベルの韓国語

 

他の人よりはるかに短い期間でマスターできるはずだ。

 

これがいちばん、

 

費用対効果

 

が高い方法だと思う。




1日15分であなたの韓国語をぐんぐん伸ばす!~通訳だから知っている韓国語脳のしくみを大公開~【元サムスン技術通訳が教える韓国語光速インストール学習法・VIP集中コース】

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ