【韓国旅行】ソウル 「ピーチで日帰り」を おすすめしない3つの理由【結局高くつきます】

韓国旅行に行くなら、格安航空【LCC】を利用するのが今や常識となっている。

特に、ピーチアビエーションをうまく利用すれば、

  • 韓国ソウル日帰り
も可能になる。

ただ、この【ピーチで韓国日帰り】はおすすめしない。

格安航空券を今すぐ探す!!



【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【安く行く方法は1つだけ】


ピーチで韓国日帰りをおすすめしない理由【3つ】

  • 【理由1】結局割高になる
  • 【理由2】 旅行を楽しめない
  • 【理由3】 超疲れるので体に悪い

【理由1】 結局割高になる



ピーチで韓国日帰りをする場合、
  • ピーチの始発
  • ピーチの最終
というルートをたどることになる。

【関西空港→仁川】の場合

  • 行き 関西空港  7:45 発→仁川 9:45着
  • 帰り  仁川 20:55発→関西空港 22:40着
行き 7時45分 関西空港発
7時45分の飛行機に搭乗するためには、チェックインを
  • 午前6時55分まで【出発の50分前】
に済ませなければならない。

そうすると、関西空港【第2ターミナル】

には、
  • 6時30分ぐらい
には着いている必要がある。

この時間帯は、大阪市内発の空港リムジンもまだ動いていないところが多い。

大阪駅前発の空港行リムジンは早朝から運行しているが、そこへ行くまで

電車を利用することになる。

ただ、その電車の駅への電車がまだ動いていない。

だから、間空行きの電車が出る駅までタクシーで行くことになる。

 

よっぽど便利なところに住んでいない限り、タクシーの利用が必須になってくるのだ。

このタクシーも早朝過ぎてなかなかつかまらない。

もしタクシーを事前に予約した場合は、ここでも余分の費用が発生する。

ただ、この時間帯の場合、予約もできないことが多い。

帰り 仁川 20:55発→関西空港 22:40着
ただ、行きの場合はまだいい。

飛行機が朝から遅れることはまずないからだ。

問題は帰りの便だ。

ピーチだけでなく、帰りの飛行機はたいてい遅れる。

30分の遅れはザラだ。

 

特に、冬はソウルの場合、雪で遅れるケースがひんぱんに発生する。

2017年~2018年にかけて、マイナス14度とか、モスクワより寒い日もあったくらいだ。

【韓国】ロングダウンコート 〈ロンペディン(롱패딩)〉が大流行 2018 冬 日本に上陸 ファッションは回る【ユニクロの勝ち

 

午後10時40分着といいつつ、11時半とかに到着がずれこんだりする。

そこから手荷物を受け取っていたりすると、また、どんどん時間がたつ。

空港から市内へのリムジンバスの運行はとっくに終わっている。

空港駅から出ている電車にあわてて飛びのり、ぎりぎり終電にかけこんで大阪市内まで行く。

そこからまた家の最寄り駅までの電車もすでに終電が出たあと。

そうすると、その駅から自宅までタクシーを飛ばすことに。

つまり、
  • 朝 タクシー代 1000~2000円
  • 夜 タクシー代 2000~5000円
合計で、3000~7000円のタクシー代がよぶんにかかることになる。

しかも、
  1. 前日 寝不足
  2. 当日 疲れすぎて眠りが浅い
  3. 翌日 疲れが残る
という3連発のダメージで、たまった疲れを週末まで持ち越す、という最悪の結果になる。

日帰りでホテル代を浮かしても、
  1. タクシー代はよぶんにかかる
  2. 体は疲れる
  3. 旅行の楽しみも中途半端
となると、
  • 日帰りピーチのメリットはいっさいなし
という結論になるわけだ。

だから、日帰りピーチで韓国旅行をする場合は、

 
  • 荷物をほとんど持たず
  • 旅行の楽しみを捨てる覚悟
 

で行くことだ。

格安航空券を探すおすすめの方法



私が韓国旅行に行くときにいつも使っているサイトは、いろんな航空券のサイトを横断検索できるサイトだ。
  • 大韓航空
  • アシアナ航空
  • チェジュエア
  • ジンエア
  • t’way航空
  • ピーチアビエーション
など、韓国の大手の航空会社から、韓国のLCC【チェジュエア・ジンエア・t’way航空】・ピーチまで、さまざまな航空券の組み合わせが出てくる。

格安航空券を今すぐ探す!!



【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【安く行く方法は1つだけ】



通常、ピーチアビエーションのサイトで検索する場合、ピーチの便のみで往復を選ぶことになる。

でも、こちらのサイトだと、
  • 行きは韓国のLCC
  • 帰りはピーチ
 

などという組み合わせもある。
  • 組み合わせのバリエーションが多く
  • 価格帯がリーズナブル
 

なので、自分でいちいち安い航空券をネットで探す手間が省けるのでとても便利なサイトだ。

この組み合わせの中で、帰りの便を【ピーチの最終便】に設定しているケースがある。


韓国 航空会社を おすすめで比較 【大韓航空 or アシアナ】 VS ピーチ【LCC 格安航空】どっちで行くか 【結論です】

【ポイント】ピーチの最終便は避けること



でも、私は、ピーチの最終便だけは避けるようにしている。

到着時間があてにならないからだ。

【韓国旅行】ソウル おすすめ LCC〈エルシーシー〉比較 ジンエア VS チェジュ航空 どっちがいいの【格安航空券】

時間帯を選ぶ時は、
  • 朝もそれほど早朝でなく
  • 夜も日本に着いてから夕食を食べられるくらい
という時間帯で選ぶと、飛行機に遅れが出ても、無理がなく、旅行の疲れが半減する。
  • 早朝出発
  • 深夜到着
というのは、他のいろんなサービス【交通・飲食店】も休んでいるから、不便なことが多いのだ。

 

航空券を購入するときは、そのへんもよく考えて時間帯を選ぶことをおすすめする。

できれば、ピーチで行くなら、始発で韓国に行くよりは、前日の夜遅い便で韓国に着き、
  1. ホテルで十分睡眠をとって
  2. 翌日の朝からフルで活動開始
というのが、人間の体のリズムにも合っている。

韓国旅行 格安ホテルを探すなら


【理由2】 旅行を楽しめない



ピーチで韓国日帰りの場合、韓国で過ごす時間がとても少ない

 

ピーチで日帰り韓国 タイムスケジュール




  • 9時45分に仁川空港に到着
  • 10時30分に空港からリムジンバスに乗る
  • 12時 ソウル市内到着・昼食
  • 午後1時 観光開始
  • 午後5時 空港行きのリムジンバスに乗る
  • 6時30分~7時 仁川空港到着
結局、ソウル市内で過ごす時間は、

 
  • 12時~午後5時まで
  • たった5時間だけ
この5時間だけのために、それ以外の時間をすべて移動のために使うというのは、あまりにももったいない。

それぐらい
  • ピーチで韓国日帰り
は無理の多い旅行なのだ。

ただ、問題はこれだけではない。

帰りの場合はもっと悲惨だ。

ピーチの最終便に乗った場合、時間通りに行けば、午後10時前には関西空港に着く。

だが、時間通りにはまず到着しないと思ったほうがいい。

ピーチアビエーションの最終便は、必ずといっていいほど遅れる。



私はこれまでピーチのソウル発最終便に10回ぐらい乗っているが、定刻に離陸したことは一度もない。

10回のうち5回は定刻より30分以上遅れての離陸だった。

離陸が遅れるということは当然到着も遅れるということになる。

飛行機が1時間以上遅れた場合は、最終便の場合、連絡の電車に乗るのもギリギリになる。

wifiルーターは日本で宅配しておくこと



関西空港でwifiルーターをレンタルしていたら、それも返却しなければいけない。

とにかくよぶんな用事がある場合は、すべてが押して、たいへんなことになるのだ。

そういう意味でも、wifiルーターは日本で宅配しておくに限る。

【韓国旅行】 Wifi ワイファイ レンタル おすすめのポケットルーター 【2つだけ】

【韓国】ソウル 〈ポケットwifi レンタル〉を仁川空港でする人は損している理由【ホテルのワイファイは超危険です】

もちろん、これだけ飛行機の到着が遅れたら、空港発のリムジンも最終が出発したあとだ。

ピーチの場合、関西空港は第2ターミナルということを忘れてはいけない。
  • 第2ターミナル
  • 第1ターミナル
への移動に、また10分~15分よぶんな時間がかかるからだ。

韓国旅行 ピーチ PEACH〈格安航空券〉で安く行くソウル お得な 【曜日・出発時間】は? LCCを使いこなすための「関西空港第2ターミナル」の利用方法
【大阪市内まで】もうへとへと

第1ターミナルにたどり着き、そこから、
  • 空港鉄道
を利用して、大阪市内に着くまでに
  • 約1時間
そこからまたタクシーを飛ばして自宅へ。

自宅にたどり着くときには12時を過ぎている。

ピーチで日帰り韓国旅行をした場合、
  • 朝4時 大阪市内出発
  • 夜12時 大阪市内着
という事態がひんぱんに発生することになる。

 

つまり、日帰り韓国旅行は、

ソウルで過ごす5時間以外の
  • 15時間を移動に使用
していることになるわけだ。

【理由3】 超疲れるので体に悪い

  • 朝4時起き→深夜帰宅
移動に15時間も使っているから、体はクタクタ。

結局ふとんに入るのは2時過ぎになり、翌朝寝過ごしそうになって飛び起きる。

疲れが次の日に残り、旅行の疲れが週末までずーっと続くことになる。

【韓国旅行】行く前にやることは〈3つ〉だけ クレジットカードは絶対2枚持って行かなければならない理由

【デメリット対策】日帰りピーチを利用するなら自家用車で行くこと




考えてみてほしい。

まだ日が昇る前の真っ暗な時間に起きて、出発し、電車もない時間に帰宅する、ということがどれだけ疲れることなのか。

4時前に起きる、ということは、たいていの場合、睡眠不足というこになる。

また、帰ってきても深夜だから、空港のレストランももちろんしまっている。

電車すらとまっている場合がある。

だから、日帰りでピーチを利用する人はたいてい車を利用している。

自家用車なら、駐車場代はかかるものの、飛行機が遅れても、足はあるからだ。

だが、この運転も超しんどいものだ。

車で行くなら、2人で行って、行きと帰りで運転を交代することが必須になってくる。

その場合も駐車場代がよぶんにかかることは覚悟しなければならない。

連れがいて、マイカーで行った場合は、帰りに韓国で簡単に食べられるものを買って帰って、車の中で食べながら帰る、ということもできるから、楽しいかもしれない。

一人ならやめといた方がいい。←キッパリ!

【結論】ピーチで行くなら、前日最終便で韓国入りして《1泊2日》がベスト




  • どうしても時間がない
  • 安く行きたい
なら、前日の最終便
  • 関西空港 19:55→仁川 21:55
  1. ホテルに夜遅くチェックイン
  2. 翌日は丸一日韓国で観光を楽しむ
  3. 最終便で帰る
というのが、まだいい。

これだと、前日はゆっくり眠っているので疲れもそれほど残らないので、
  • 日帰り旅行に比べてデメリットが半分
になる。

つまり、
  • 出発にかかる余分な交通費→ホテル代にまわす
ことで、体に与えるダメージを最小限にすることができる。

格安航空券を今すぐ探す!!



【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【安く行く方法は1つだけ】


安くて快適なホテルの探し方

安くて快適なホテルは、次の2つのサイトですぐに見つかる。

扱っているホテルの範囲が違うので、両方のサイトを比べてみることをおすすめする。

エクスペディア



Booking.com



【韓国旅行】ホテル おすすめの選び方 ソウル 明洞(ミョンドン) ナインツリーホテル 【宿泊体験記】

【まとめ】「日帰りピーチ」のメリットはなし

つまり、ピーチで日帰りで韓国旅行をするメリットは何もない。

旅行の楽しさよりも、移動のしんどさがはるかに上回る。

日帰りで行くくらいなら、せめて一泊二日にすること。

そして、航空券を選ぶなら、もう少し、

通常の時間帯←ココ重要!

を選ぶべきだ。

具体的にいうと、
  • 早朝出発
  • 最終便で帰国
というパターンを避けるだけでいい。

格安航空券を今すぐ探す!!



新幹線で、東京-新大阪でも日帰りするととても疲れる。

それは、人間の体内時計を超えた速さでの移動だからだ。

飛行機となると、新幹線を上回るスピードだから、その疲労度はあまりある。

韓国女優みたいな美肌を維持するためにも、無理は絶対禁物です。

【韓国女優】「美肌の秘密」 今より10倍キレイになる方法【3つだけ】



【韓国旅行】チェジュ(済州)おすすめのLCC はt’way(ティーウェイ)航空【格安航空券は一択です】 

【人気記事】
【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【 安く行く方法は1つだけ】

【人気記事】
韓国女優の肌がピカピカ つるつる 光っている秘密 赤ちゃんみたいなぷるぷる肌の透明感と 【顔脱毛】の深い関係



ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ