韓国女優 チェジウ 「花よりおじいさん ギリシャ編」にイソジンと一緒に出演して得たもの② 飾らない素顔の美しさと明るさ ドラマ「2度目の二十歳」の成功へ


151002choijiwoo



女優にとって、バラエティに出演することは、諸刃(もろは)の剣だ。

それによって、視聴者が持っていたその女優に対するイメージが壊れることもある。

そうなると、次に出る韓国ドラマにも差し支えることになる。

だが、これは、コインの裏表のようなものだ。

バラエティに出演して、以前の「あるイメージが」崩れることにより、「新しいイメージ」が、視聴者に好感をもって迎えられることもある。

「花よりおじいさん ギリシャ編」

に出演したチェジウが、後者のいい例だ。

韓国でも、チェジウは、韓流スターとして別格に扱われていたところがある。

ヨン様と同じく、チウ姫と呼ばれているくらいだ。

 

ヨン様は、結局、そのイメージをこわすことなく、結婚まで、

ヨン様のイメージ

そのもので完成させた。

 

だが、韓国ドラマ「冬のソナタ」韓流ブームの当事者となったチェジウは、そのイメージを壊すことに駆けたのだと思う。

 

この作戦は、大成功だった。




「天国の階段」のサンウとチェジウが再び共演クォン・サンウ、チェ・ジウ「誘惑」OST CD

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

 

神秘のベールに包まれていた、

 

韓流スターチェジウ

 

から、庶民的で親しみやすいチェジウへと変身したのだ。

 

女優が、運動靴をはいて、外国の街を走り回る、というのは、いくら仕事とはいえ、かなりたいへんなことだ。

ある意味、ドラマに出演するよりもたいへんである。

 

しかも、ホテルの部屋にまでカメラは回されているわけだから、拘束時間は無限大に長い。

 

いくら演技をしても、ふとしたすきに、素顔や本音が出てしまうものだ。

だが、チェジウの場合、その素顔がとても魅力的だった。

 

それが、イソジンの心をとらえたのだろう。

 

そして、そんなチェジウの飾らないイメージが、その後の

韓国ドラマ「2度目の二十歳」

に出演したチェジウの姿をリアリティのあるものとして、視聴者に感じさせたのだと思う。


 






韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ