韓国語をマスターするために韓国語を「親友=チング」にする! ザイアンス効果で「ハングル」が友だちになる

[ad1-up]

150904korean-najimukoto-tomodachi

はじめはとにかく「ハングル文字」に慣れること

韓国語を最初に学び始めたとき、やはりいちばん苦労したのが、

韓国語の文字 ハングル

記号みたいに見えて、ほんとうになじめなかった。

母音の発音もむずかしい。

だから、家にいるときは、テキストについている音声CDを、ただひたすら流して聞いていた。

そして、テキストに載っている歌の歌詞のハングルをノートに書き写したり。。。

ハングルは、英語やフランス語に使われている文字(アルファベット)と違って、まったくなじみのない文字だ。

まるで、アラビア語のようなもの。

そこで、韓国語をマスターするための最初のハードルが、

見知らぬ文字(=ハングル)に慣れる

というミッションだった。

この、なじみがない→慣れる

という状態を、毎日強制的に出会うことによって、

慣れていく

というのが、初心者がいちばん最初に取り組むべきことだと思う。

 

新装版 できる韓国語 初級Ⅰ

 

たとえば、新学期を思いおこしてほしい。

クラスメイトは、まったく知らない顔ばかり。

そうすると、必然的に以前のクラスの友だちがなつかしくなる。

だから、春のうちは、以前のクラスの友だちとばかり、つるんでいたりする。

それが、2学期になって、学園祭や体育祭など、いろんな行事にいっしょに取り組んだり、修学旅行や遠足に出かけたりして、接触がふえると、その中でだんだん

  仲のいい友だち

  친구 (親友)

ができてくる。


友へ チング [DVD]



人は、「毎日見る」ものに親しみを感じる

そうなったのは、けっきょく、

毎日顔を合わせていたから

そう、心理学的にもこれは実証されている。

ザイアンス効果

と言って、接触頻度が高まるにつれ、人はその人に親近感を抱くようになるというのだ。

韓国語の勉強も、これとまったく同じ。

ハングルがわからないからと言って、フリガナを振ってしまうことは、「未知のハングル」を友だちにする道を閉ざすことになる。

人間というのは、

コンフォートゾーン(自分が心地よい空間)

にとどまろうとする習性を持っている。

たとえば、携帯電話。

いろんなサイトで、携帯電話は2年ごとに、別のキャリア(電話会社)に乗りかえた方がトクということが言われている。

だが、これを実行する人は少数派だ。

その理由は、何か?

今の携帯になじんでいるからであり、また、

携帯会社を変える=エネルギーがいる

ので、めんどうだからだ。

 

新しいことを始めるにはエネルギーがいる

人間が新しいことを始めるのには、とても大きなエネルギーがいる。

だが、始めたことを続ける、のには、それほど大きなエネルギーはいらない。

だから、たいせつなのは、

とにかく毎日韓国語と接すること

5分でも、極端なことをいえば、

たった1分でもいい

毎日接していると、だんだん、ハングルという未知の文字が、なじみのある友だちのようになってくるはずだ。

玄関やトイレ、机の前、キッチンの壁、など、いつも毎日あなたが目にするところに、テキストの一部を拡大コピーして貼ってみよう。

それを毎日

ただながめる

だけでも、韓国語(ハングル)はあなたの友だちになっていくはずだ。

朝鮮語辞典

 

韓国語を「超」短期でマスターする! 「独学」か「スクール」か それとも「語学留学」か

韓国語を「超高速」でマスターする!留学 or 独学 いちばん「安く」つくのはどっち?

韓国旅行に必要なものについて真剣に考えてみる

韓国ドラマファンのあなたへ

2016 今ほんとうにおもしろい 韓国ドラマを見るなら Mnet (スカパー!)しかないことに気づいた

2016 おすすめの韓国ドラマを「無料」で見る方法

 

韓国旅行へ行くならこちらの記事が参考になります

韓国旅行 ソウルへ行くなら wifiを宅配(送料無料)で! 仁川空港より超格安 友だちと一緒なら さらにお得! 返却は帰国の翌日 ポストに入れるだけでOK

2016 韓国旅行 ソウルに「格安」で行く方法 絶対安いのはやっぱりピーチアビエーション 「タイムセール」を利用すると信じられないくらい安い

2016 韓国旅行 ソウル 「格安」で飛行機を予約する おすすめの方法

ホテルを格安で予約するなら

2016 韓国 ソウルへの旅行 「格安」ホテルの予約はこのサイトがおすすめ!「現地払い」なので安心 ホテル選びの最重要ポイントは絶対に「立地」






韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ