韓国ドラマ「密会」兵役目前ユアインの魅力 ベテラン女優キムヒエを動かしたそのまなざし

150905yooahin-mikkai-miryoku

韓国ドラマ「密会」で、ユアインは、青春スターから一気に演技派に変身した。


ユアインの相手役は、キムヒエ


キムヒエは、韓国でも、その演技力に定評のあるベテラン女優だ。

その女優相手に、あれだけ自然に、純粋でひたむきに年上の人を愛する役を演じきったのだ。


ユアインの表情は、いつも愛する者特有の不安なおののきにみちている。

そして、そんなゆれる思いを、いつもピアノに向ける、孤独な天才。


いわば、ユアインは、今の韓国の若者の姿をあらわしている。

ユアインには、天才的なピアノの才能以外に、何もない。

そして、また、その才能を使って、高みに上がろうとする野心すらない。


その純粋さが、オヘウォン(キムヒエ)の心を揺り動かす。

キムヒエは、有能な秘書であり、駆け引きの天才であり、すべての仕事をそつなくこなす。

だが、そこには「わな」がある。

キムヒエの権力は、けっきょく、その上の財閥一族からのおこぼれに過ぎない。

つまり、上の状況しだいでは、いつでも自分の存在が危うくなる、そんなはかないものでしかない。

オヘウォン自身も、そのことに少しずつ気づいていくのだが、そんなオヘウォンの心を動かしたのが、


 何も持たないイソンジェ(ユアイン)の純粋さ

だ。

「密会」の中で、キムヒエを見つめるユアインの瞳は、いつもせつない。


あんなまなざしで見つめられたら、ふつうの人間はノックアウトされるだろう。


ピアノを弾くときのユアインと、キムヒエを見つめるときのユアインは別人のようだ。


その演技のうまさが、また、この韓国ドラマ「密会」をより魅力的なものにしている。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ