ユアインの「ポリシー」と兵役入隊問題 2本の映画「ベテラン」「サド(思悼)」の連続ヒットで大衆の支持をつかみ、2016年3月に現役の軍隊に入隊か


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2695142002">


150925yooahin-veteran

韓国映画「ベテラン」の観客動員数1000万人突破、続いて封切られた韓国映画「サド(思悼)-8日間の記憶」も順調なユアイン。

そんなユアインにも、つらい日々があった。


ユアインは、ツイッターなどで、社会的な問題に対しても、積極的に発言する芸能人として知られる。

韓国では、芸能人であっても、自身の政治的な見解を積極的に公表するケースは多い。

ただ、それはやはり、リスクもともなう。

発言すれば、共感も呼ぶが、また、それに反発する声も多くなったりする。

 

それが、いちばん悪い方に作用したのが、ユアイン兵役入隊問題だ。

 

ユアインは、2014年、韓国ドラマ「密会」の制作発表の席で、

このドラマ(韓国ドラマ「密会」)の後、映画を1本か2本撮って兵役に行く

と公言していた。

 

その後、ユアインが、ソウル警察庁の警察広報団に応募していたことが、発表されると、ネット上で批判が相次ぐ。

 

それを負担に感じたユアインは、結局、応募を辞退することに。

 

その後、俳優のチェジニョク(韓国ドラマ「相続者たち」)も、最終合格したが、辞退した。

チェジニョクは、今年の3月、ジェジュン(JYJ)と同じ日に陸軍に入隊した。

その後、ユアインは、兵役に関しては一切、公の場で発言していなかった。


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="7125341606">


150925yooahin-sado2

それが、ようやく、今年の9月に入り、

 

  韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」(SBSの大河ドラマ)

  の撮影が終わった後に入隊する

 

と明言するに至った。

 

結局、今年の入隊はなくなったわけだ。

 

ユアイン兵役の選択肢としては、

現役の軍隊

しかなくなった。

 

本来は、今年入隊のリミットだったところを、延期することになる。

 

だから、ユアインの入隊は、韓国ドラマ「六龍が飛ぶ」の撮影終了後、ということになるだろう。

 

ドラマの放映終了が、2016年3月なので、撮影が終わり次第入隊、というあわただしいスケジュールになりそうだ。

ジェジュンやチェジニョクが入隊した、ちょうど一年後の2016年3月末、というのが、いちばん可能性が高い


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="8602074807">



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ