ユアイン 韓国ドラマ「密会」韓国映画「ベテラン」「サド(思悼)」と、ベテラン相手に堂々たる演技を展開 同世代の韓流スターのトップを走るその演技力


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="2695142002">


150925yooahin5

ユアインが快調だ。


しかも、雰囲気ではなく、堂々たる演技力で勝負している。

相手は、皆ベテラン俳優だ。


 韓国ドラマ「密会」では、キムヒエ

 韓国映画「ベテラン」では、ファンジョンミンと、

 韓国映画「サド(思悼)-8日間の記憶」では、ソンガンホと


皆、韓国で1、2を争う名俳優であり、ユアインとの年齢差が20歳近いベテラン俳優たちだ。


ユアイン自身、この間の自身の演技について、

 ひとつひとつ、身を削る思いで演じた

と語っている。


「サド(思悼)-8日間の記憶」で、ユアインの父である、

 英祖(ヨンジョ)

を演じたソンガンホは、ユアインを評して、

  自分が映画デビューしたのが、ちょうど今のユアインの年齢だった。

  ユアインとその当時の自分を比べたら、自分の演技は、ユアインの足もとにも及ばない



と語っている。


この映画の「サド世子」の物語は、韓国では、何回もドラマ化、映画化されていて、韓国民の誰もが知っている話だ。


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="7125341606">


150925yooahin-sado3


それだけに、今までの話とは違う何かを表現しなければいけない、とユアインは考えた、という。

監督は、

 韓国映画「王の男」のイジュンイク


イ監督自身、脚本の段階では、英祖(ヨンジョ)役をソンガンホとイメージしていなかった。

だが、サド世子役は、ユアインをイメージして書かれた。


ソンガンホが出演をOKしてくれるとは思わなかったので、出演を承諾してくれた時は本当にうれしかったという。


韓国映画「サド(思悼)-8日間の記憶」は、封切り後1週間で、早くも200万人を突破。

名優ソンガンホと、韓国映画「ベテラン」で大ヒットをとばしたばかりのユアインの共演とあって、前評判が高かったことも、観客動員数の底上げに力を与えている。


ユアインが、単なる青春スターでないことは、

 韓国ドラマ「密会」

での、ユアインの演技が実証した。


29歳のユアインは、見た目だけではない、心のこもった、深みのある演技で、人々の心を魅了している。

大スターの片りんが、うかがえるところだ。



style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4347461766931132"
data-ad-slot="8602074807">



韓国ドラマ ブログランキングへ

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ