2016 兵役入隊する チュウォン 韓国ドラマ 「ヨンパリ 原題 용팔이」第2話 「グッドドクター」と真逆(まぎゃく)の医師になって帰って来た!




160226yonpari


韓国ドラマ 「ヨンパリ 原題 용팔이」 第2話


あのチュウォンが主演のドラマであり、韓国でも話題になった医療ドラマだ。

しかも共演がキムテヒ


チュウォンはこの韓国ドラマ「ヨンパリ」で、2015年SBS最優秀演技大賞を受賞している。


受賞の時、チュウォンは泣いて感激していたという。

1987年生まれのチュウォンは、2016年に兵役入隊予定とされている。


個人的にチュウォンは好きだし、韓国ドラマ 「グッドドクター」でその演技力はじゅうぶん知っているので、ドラマがいいのは予想できた。

私としては、韓国ドラマ 「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」を押しのけて、(「パンチ」はSBS演技大賞の候補作にすら入らなかったという)なぜチュウォンの「ヨンパリ」が受賞したのかを、自分の目で確かめたかったというのもある。


このドラマでのチュウォンは、「グッドドクター」の、あの純真な医師ではない。

一部では守銭奴と噂されるほど、カネに目のくらんだ医師だ。


(ただ、そうなったのには、それなりの理由があるのだが)


韓国ドラマ「グッドドクター」で、自閉症の医師というむずかしい役柄を完ぺきに演じきったチュウォン。

「グッドドクター」は、韓国の自閉症団体から推薦ドラマに指定されたほどのドラマだ。



【送料無料】 グッド・ドクター DVD-BOX2 【DVD】


U-NEXTで31日間無料見放題!



チュウォンは、韓国のトップのハンシン病院の研修医でありながら、夜は、ヤミで外科医「ヨンパリ」としてアルバイトをしていた。


病院で治療を受けるとまずい、そんな人間たちの治療を引き受けて、借金を返済していたのだ。


ある日、チュウォンが、組の親分のケガの手術をしている時、警察が現場に踏み込む。

どうにかその場から逃げ出したチュウォンと親分は、車で逃走する。


だが、警察の包囲網にかこまれ、にっちもさっちも行かなくなったチュウォンは、「非常手段」を使ってその場から逃げ出す。


絶体絶命のピンチは免れたものの、現場に置き忘れた「証拠品」がアダとなり、警察が病院にまでやってくる。


警察の話を聞いた、12階のVIP担当の医師チョンウンイン(イホジュン課長)は、チュウォンが「ヨンパリ」ではないかとカマをかける。


自分のヤミのバイトがばれたと思い込んだチュウォンは、チョンウンインの指示のままにVIP専門の病棟である12階に勤務することになるのだ。


そして、その12階に入院しているのが、事故で昏睡状態にある財閥の令嬢キムテヒだった。



一方、身寄りのない患者の主治医を任されたチュウォンは、その患者に対する誠意のない態度をベテランの看護師であるキムミギョン(韓国ドラマ「相続者たち」)に責められていた。

だが、そこにはチュウォンなりの判断があった。


上司のチョンウンインと院長との会食の後、病院に戻るチュウォン。

チョンウンインからは、これからは外科医としてメスを握ることはないだろうと言われていた。

自分の未来が、どうなるかわからず不安におそわれるチュウォン。


チュウォンは、宿直室に行く途中、集中治療室にいるその身寄りのない患者を偶然見る。

患者は、生命が危険な状態だった。


腕のいいチュウォンはすぐに緊急手術が必要であると判断する。

だが、ハンシン病院では、手術代を払えない患者の手術は認められていない。


そこでチュウォンは、ある作戦を思いつく。。。


【送料無料】 グッド・ドクター DVD-BOX2 【DVD】

U-NEXTで31日間無料見放題!







韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ