「スーパーマンが帰って来た」 ソンイルグク(テハン・ミングク・マンセ-三つ子)とオムテウン(チオン-一人娘)の子育ての違い


151216omtaewoon

「スーパーマンが帰って来た」


タブロ親子が降板し、交代でメンバーになったオムテウンと娘のチオン。


チオンはかわいい。

チオンの笑顔を見たら、どんな人でもファンになるはずだ。

笑うと顔の表情がくずれ、なんともいえない愛くるしい表情になる。

笑顔は、アッパ(父親)のオムテウンそっくりだ。


オムテウンの奥さんは、元バレリーナだ。

美しい人だ。


最初、女優だと思った。


よく見ると、韓国女優のイユリに似ている。


イユリをもっと美人にした感じだ。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】福寿草 DVD-BOX4 [ イ・ユリ ]


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」




オムテウンの登場は、はじまり自体がなかなかショッキングだ。


自然の中で暮らしたい、という夢をかなえるために、京畿道の山のふもとに立てた一戸建てのモダンな家。

だが、工事も終わらない段階で引っ越してしまう。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】善徳女王 DVD-BOX 8≪ノーカット完全版≫[4枚組] [ イ・…


もっとも残酷で、もっとも愛しい復讐劇オム・テウン 赤道の男 DVD-BOX 2 (日本版)


今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」



この番組を見ていると、オムテウンとソンイルグクは、まったく性格が違う。


ソンイルグクは、きちんと計画を立てて動くタイプだ。


オムテウンは、適当だ。


「何とかなる」という精神の持ち主のようだ。


まだ、電気のコンセントもついておらず、また、真冬なのに、暖房が入らないという、致命的な状態。


引越しするも、その日は新しい家に泊まることもできなかった。


なのに、オムテウンは、のんびりしている。

危機感がない。


ソンイルグクの、エネルギッシュな感じと違う。


2才の娘とじゃれている感じだ。


娘の方がしっかりしている。



オムテウンの娘のチオンはすごい。


いちばん驚いたのは、外食に行って、テーブルの下にもぐりこみ、そこで頭を上げて、思いっきりテーブルに頭を強打した時だ。


そうとう痛かったはずなのに、チオンは、その場で固まって耐えている。


すごい。


グレートだ。


強い女だ。


ひょっとしたら、オムテウンより根性があるかもしれない。


「スーパーマンが帰って来た」を見ていて、父と娘というのは、たいていの場合、じゃれあっているような感じがある。


格闘家の秋山成勲とサランもそうだ。


タブロとハルは少し違っていた。

それは、ハルが特別しっかりしているからか、他の娘たちより大きい(年齢が上)からなのかはわからない。


この「スーパーマンが帰って来た」に登場するアッパたちは、娘とまるで恋人のようにじゃれている。

それは、「子育て」には見えない。


そこには教育(しつけ)、というものがないからだ。


韓国語でしつけのことを

 훈육 (フニュク)

というが、ソンイルグクは、よくこの言葉を口にしていた。

歴史ドラマの中でよく出てくる言葉でもある。



親というものは、子どもに接する時は、「教育」ということを考えるべきではないのだろうか。

ただ、じゃれあうのは、教育とはいえない。


オムテウンが「スーパーマンが帰って来た」から、早く降板したのも、そんな理由もあったような気がしてならない。









韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ