【SUITS /スーツ~運命の選択】比較 韓国ドラマの方がガチで見ごたえある理由【鈴木保奈美がいないからです】


ドラマ「SUITS /スーツ~運命の選択」

回を重ねるごとに、登場人物に感情移入し、おもしろくなってくる。

ドラマ「スーツ」は、韓国ドラマの、ある意味ベタベタした人間的な部分を排除したドラマだ。

だからといって、乾いた感じでもない。

【SUITS/スーツ~運命の選択】パクヒョンシクとチャンドンゴンの魅力 おすすめの韓国ドラマ【日本版よりダンゼンおもしろい】

特に、代表のチンヒギョン【役名 カンハヨン】とチャンドンゴン【役名 チェガンソク】の会話がそう。

ただ、その中でも、たまに、かすかに感情が交錯する。

そんな場面を発見するのが楽しい。



日本版「スーツ」がイマイチだったのは鈴木保奈美が「女」を出してたから


韓国ドラマ「スーツ」を見ていると、日本版「スーツ」がなぜイマイチだったのかがよくわかった。

鈴木保奈美だ。

「スーツ」の代表役は、チンヒギョンぐらい、強力なカリスマがなければならない。

鈴木保奈美は、あいかわらず、かわいこちゃんの領域で勝負しようとしているので、中村アンに負けている。

韓国ドラマ「SUITS /スーツ~運命の選択」の3人の女優たちの魅力


韓国ドラマ「SUITS /スーツ~運命の選択」は、
  • 代表 チンヒギョン(カンハヨン)


  • 秘書 チェジョンアン(ホンダハム)



  • 法律補助事務 コソンヒ(キムジナ)
と、3人の女優たち全員が、存在感があり、魅力的。

3人とも、自分の美しさを前面に出していないので、見ていて心地いい。

日本版の「スーツ」は、いちばんかんじんな事務所の代表である鈴木保奈美が、「女」を出してしまっているので、このドラマの魅力が半減している。

弁護士事務所代表役の存在感は超重要


韓国ドラマ「SUITS/スーツ~運命の選択」を見て初めて、代表役の重要性がわかった。

つまり、

ドラマ「SUITS/スーツ~運命の選択」

は、
  • パクヒョンシクとチャンドンゴン
  • チャンドンゴンとチンヒギョン
という、この3人のトライアングルの中での、軽妙でおしゃれ、かつウィットのきいた会話


というのが魅力的なドラマなのだ。

だから、代表は絶対に「女」を出してはいけない。

ビジネスに徹する、カッコいい女性でなければならないのだ。

アメリカ版「スーツ」は見ていないが、たぶん、この韓国ドラマ「スーツ」の代表を演じているチンヒギョンのような人物なのだと思う。

5話では、チンヒギョンは、紫のスーツを着て登場する。
  • 보라색
というのは、着こなすのがとても難しい色だ。

紫のスーツを着て、上品に見せるのはほんとうに超難易度が高い。

でもチンヒギョンは、このあざやかな紫のスーツをこともなく着こなしていた。


それも当然、チンヒギョンは、もともとモデルでデビューした経歴をもつ俳優だからだ。

ドラマのタイトルの「スーツ」は、たぶん、男性のスーツだけではない。

女性のスーツも意味している。

スーツは、ビジネスの世界でたたかう者たちにとっての武器のようなもの、という深い意味がこめられている。

ドラマ「SUITS/スーツ~運命の選択」では、パクヒョンシクとチャンドンゴンだけでなく、代表のチンヒギョンにも注目しなければならないと気づいた。

これからは、チンヒギョンのスーツも、毎回チェックしたいと思う。

女性のスーツの方が、男性のスーツよりはるかにバラエティに富んでいるので、見ていて楽しいはず。

韓国ドラマでは、時々、ありえない配色のスーツやネクタイを身に着けた俳優が登場してびっくりすることがある。

おすすめ 韓国ドラマ 「リメンバー ~記憶の彼方へ」 ユスンホ・パクミニョン ヤンキー弁護士パクソンウンの「ファッション」も見どころ?

おすすめ韓国ドラマ「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」チョジェヒョンとチェミョンギルのファッション対決も見ごたえあり!イテジュン検察総長のネクタイVSユンジスク法務部長官のスーツ



「マザー」の俳優が弁護士役で登場してびっくり


でも、この「SUITS/スーツ~運命の選択」

5話でびっくりしたのは、
  • ドラマ「マザー」
で、愛人の子どもを虐待する役を演じていた俳優ソンソククが、デイビッド・キムという名前のあやしげな弁護士として登場したことだ。

「マザー」では長距離トラックの運転手役だった。


【マザー】イボヨン 子役ホユル の演技が泣ける おすすめ 韓国ドラマ 日本版とまったく違うおもしろさ

社会の底辺で生きる人間の暗い欲望と、上位層の人間のみにくい欲望。

欲望という点では同じだが、後者の方が、社会的な地位というよろいを着ている分、ワルの部分がより深化して見える。

「マザー」と同じくいやな感じの役だ。

これは、この俳優の演技のうまさというべきだろう。

でも、スーツを着て登場した「SUITS/スーツ~運命の選択」でのソンソククより、「マザー」に出ていた時の方がカッコよく見えるのはなぜだろう。

相手がチャンドンゴンという、あまりにもイケメンすぎる俳優だからか。



美というのは相対的なもので、一般的に見れば十分カッコよくても、はるかに上のレベルのイケメンがあらわれると、それほどカッコよくみえなくなるのかもしれない。

これは、俳優の身長においても同じことがいえる。

【ピノキオ】イジョンソク おすすめ韓国ドラマ キムヨングァンとの身長差を比較【結論です】

チャンドンゴンがイケメンすぎることは、韓国女優にとっては迷惑なことでもある。

韓国女優キムミスク 「5歳年下」の夫とアラフォーで結婚・出産 チャンドンゴンと共演したドラマでの屈辱 【今ならありえない】

それにしても、パクヒョンシクと淡い恋心をかわすキムジナ役のコソンヒとソンソククが、「マザー」では、シングルマザーとその愛人役であったのは皮肉というほかない。

俳優たちが、違うドラマでもセットで出演するのをよく見るが、事務所が同じとか、そんな理由があるのだろうか。

韓国ドラマをたくさん見ていると、そんな本スジとは何の関係もないよけいなとこにばかり目が行ってしまう。

でも、これが韓国ドラマのおもしろさだとも思う。

韓国版 「シグナル 」で、 キムヘスのオモニが「SUBWAY」をイジェフンにふるまった本当の理由【韓国ドラマのタブーに迫ります】

おすすめ 韓国ドラマ「グッドワイフ」 なぜか突然変わったチョンドヨンのヘアスタイルが気になる

オリジナルのアメリカドラマに韓国風スパイスを効かした魅力



ドラマ「SUITS/スーツ~運命の選択」は、日本版と同じアメリカドラマが原本なので、よく似た事件が登場する。

ただ、その扱いの濃さの違いがおもしろい。

日本版では、サラッと流された部分が、韓国ドラマ「SUITS/スーツ~運命の選択」ではぐっとほりさげられている。

そして、登場人物たちの会話はよりいっそう洗練され、言葉のやりとりが多い。

たぶん、日本人より韓国人の方がはるかに理屈っぽい。

これは以前から韓国ドラマを見ていて気づいたことだ。

韓国ドラマだけではない。

私は韓国旅行に2か月に1回は行く。

【韓国】ソウル 格安航空券 おすすめの購入法 飛行機をツアーで予約すると損します【安く行く方法は1つだけ】



韓国人は理由を重視する


韓国で、韓国人どうしの会話を聞いていると気づくことがある。

彼らは、
  • 理由
というのをとても重視する。

そして、理論的なことを好む。

これは、韓国語を勉強するときに、念頭に置いておいた方がいい事実だ。

【韓国語】日常会話をたった3ヵ月【90日】でマスターする方法【2つ】

【BTS】防弾少年団 の本名 〈漢字〉とニックネームを紹介【バンタン】だと韓国では絶対に通じないので注意

だから、韓国語を日本語に通訳すると、とても理屈っぽく感じることが多い。

そして、中立ではなく、白か黒か、はっきりさせることを望む傾向がある。

ドラマ「SUITS/スーツ~運命の選択」は、セリフが多く、それを淡々と語りながら、相手を攻撃する。

そのやりとりを見るのがとても楽しい。

軽く楽しく-夜見るのにぴったりのドラマ


ドロドロしていないので、1話見終わっても、普通にぐっすり眠りにつくことができる。

そういう意味で、怒りをかきたて興奮するような韓国ドラマを寝る前に見るのはおすすめしない。
  • ドラマ「SUITS/スーツ~運命の選択」
は、夜見るのにぴったりのドラマだ。

ちなみに、私は韓国映画は絶対に夜は見ない。

見るのは休日の昼間と決めている。

夜、韓国映画を見ると、決まって悪夢にうなされるからだ。笑

以前、ソウル・ホンデ(弘大)の映画館で、夜遅くイジョンソクの映画を見たあと、夢にうなされた苦い記憶がある。

ちなみにこの時は、Airabnbで予約したホテルで、そこでもいろいろトラブルがあったのも関係している。

【VIP 修羅の獣たち】イジョンソク 初の悪役 韓国映画 ノアール 感想【ネタバレなし】

【airbnb】韓国 ソウルで エアービーエンビー はおすすめしない理由 〈体験談〉【 安さで選ぶならゲストハウスにすべき】





ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ