ソンイルグク 「スーパーマンが帰って来た」かわいい 三つ子(テハン・ミングク・マンセ)たちが、他のレギュラーメンバーより幸せそうに見える理由 ③


151115sonilgook


「スーパーマンが帰って来た」

ソンイルグク三つ子(テハン・ミングク・マンセ)がレギュラーメンバーに参加し、人気は上昇の一途をたどっている。

 

2012年 3月16日生まれの三つ子(テハン・ミングク・マンセ)は、現在3才。

 

番組にレギュラーとして参加した2014年7月の時点では、まだ2才だった。

 

番組とともに、小さな三つ子たちが、韓国語をどんどん覚え成長して行く姿を見ることができる。

 

三つ子の子育てとなると、たいへんさは想像もできないくらいだ。

多くの人は、三つ子を身近で見ることはないはずだ。

 

そういう意味で、この番組「スーパーマンが帰って来た」の三つ子たちに注目が集まったのだと思う。

 

韓国は、教育熱が日本よりすごく、教育費のために、少子化が日本より進んでいる。

子どもを生まない夫婦も多いし、生んだとしても一人、というのが最近の趨勢だ。

 

この「スーパーマンが帰って来た」でも、双子と三つ子以外は、一人っ子が多かった。

 

現在は、サッカー選手のイドングク(5児の父)がメンバーとして加わったため、子だくさんのレギュラーの比率が多くなっている。

 

【送料無料】 朱蒙〔チュモン〕第二章 後編 <ノーカット完全版> 【DVD】

 

今なら無料でお試し!「ゲオ宅配レンタル」

 

ソンイルグクと三つ子たちが恵まれているのは、何といっても、住んでいるマンションが広いことだ。

 

ソンイルグクと三つ子たちのマンションは、仁川(インチョン)市・松島(ソンド)ニュータウンにある。

 

ソンイルグクたちは、第一期分譲で入居した。

マンションのデザインも個性的でステキだし、周囲に広場や広い空間がたくさんあるので、子どもと遊ぶにはぴったりだ。

 

ソンイルグクのマンションで、「スーパーマンが帰って来た」の中で映るのは、

 

  • キッチン
  • リビング
  • プレイルーム
  • 浴室
  • 玄関
 

だけだ。

 

実際には、この倍以上の広さだという。

坪数でいうと、72坪、時価にして1億3千万円を超える、超高級マンションだ。

 

また、「スーパーマンが帰って来た」の放映とともに、この一帯が大人気になっているという。

 

政府の宣伝よりも、ソンイルグクの「三つ子効果」の方が、街の活性化に役立っているというわけだ。


2016年1月から始まる韓国ドラマ「チャンヨンシル 蒋英実」への出演が決まっているソンイルグク。

映画出演にも本格的に進出する予定だ。

 

そんな事情から、「スーパーマンが帰って来た」を降板するのでは、という噂が今もたえない。


今のところ、ドラマへの出演と「スーパーマンが帰って来た」を並行して出演する、とは言っているが、2016年3月には三つ子たちは満4才になる。

ソンイルグクの俳優としての飛躍と、子どもの状況の変化を合わせて考えると、三つ子たちが「スーパーマンが帰って来た」から降板する日は、それほど遠くない気がするのだ。









韓国ドラマ ブログランキングへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

ではまた

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ